多摩区版 掲載号:2017年1月1日号

(PR)

「住環境」への思いを聞く  外壁塗装フェリーチェ516

「10年後、もう一度選んでもらえる店に」

 「塗装や建築の専門用語はお客さんにわかりづらいことも多い。心がけているのは、そんな疑問を一つでも多く解消すること」と話すのは、外壁塗装を専門的に手掛ける「フェリーチェ516」の野崎孝一郎代表。塗装は職人的な技術はもちろん、施主にいかに満足してもらえるかを考えるサービス業とも感じている。

 「家は家族にとって家宝とも言えるもの。末永く大切に使うため、強度の修復保護の点から見ても10年に1度の塗装は欠かせない。だからこそお施主様との信頼関係が大切」と話す野崎代表。同社は代理店を挟まない自社施工店だから、見積もり時から現場を担う職人と費用や仕上がりについて具体的な話ができる。「問い合わせいただいた方には、弊社以外でも見積もりを取るように勧めています。納得して選んでもらうことが、信頼関係の第1歩」と野崎代表。その話しやすい人柄から塗装以外のことを頼まれることも多く、雨樋破損や軒天修繕を請け負う場合もあるという。職人気質の雰囲気とは真逆の『笑顔であいさつ』をモットーに、施主や近隣へのあいさつ、身だしなみや立ち居振る舞いなどスタッフへの指導も徹底している。また、ペンキの色づくりや塗装を施主と楽しむことも掲げ、時には施主の子どもたちと手形遊びをしたことも。野崎代表は「人の気持ちに寄り添うことが大切。うちを選んでくれたことを後悔してほしくない」と話す。

気軽に相談できる関係づくりを重視

 現場が終わっても、時間の経過によるはがれやサビ、家屋の傷み加減から次の塗装の時期の見極めなど、様々な相談に答えている同社。1度きりの関係ではないからこそ、丁寧な作業となんでも気軽に相談できる関係づくりを重視してきた。「10年後の塗り替えに、もう一度選んでもらえる塗装屋になりたい」と野崎代表。

フェリーチェ516

神奈川県川崎市多摩区西生田5-20-23

TEL:0120-516-007

http://felice516.com/

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

多摩区版のピックアップ(PR)最新6件

アルプスの少女ハイジ

セレモニアグループ50周年記念  チャリティミュージカル

アルプスの少女ハイジ

4月21日号

期待以上のサービス提供を

介護付き有料老人ホーム「ばらの庄」

期待以上のサービス提供を

4月14日号

「たまり場へ ようこそ」

家事介護くるみ

「たまり場へ ようこそ」

4月14日号

楽しく歌って上達

相続・遺言・家庭内トラブル無料相談会

「その自動車税、払います」

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/