多摩区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

「音の輪ピアノ合同発表会」を企画、運営する 日比野 綾子さん 菅在住 49歳

人と会い「音を楽しむ」

 ○…堅苦しくなく、誰でも気軽に聴ける無料のコンサートを開きたい――。そんな思いでピアノ発表会を企画し、昨年5月にミューザ川崎で初開催。11月に続き、4月に3回目の発表会を開く。「一人でふらりと出かけられるような、純粋に楽しめる場になれば」。音楽を通じた人との関わり合いを、心底楽しんでいる。

 ○…エレクトーンを習い、幼少の頃から音楽は「聴くのも弾くのも好き」。テニススクールにも通い、1期生だった枡形中学校では生徒会副会長を務めた。県立百合丘高校、洗足学園(高津区)の短大・幼児教育保育科を卒業後、登戸の丸山幼稚園に教諭として勤務。転職を経て、現在は自宅で音楽教室を営んでいる。転機は15年ほど前に入会した、社会人中心のピアノサークル。病気で活動を約3年休んだ後、復帰するとメンバー減少で発表会が定期開催できなくなっていた。そんな中たどり着いたのが発表会の自主企画だった。

 ○…生徒数が減って発表会が開けなくなったピアノ講師の教え子や、人前で演奏したいというアマチュア奏者にとって、この合同発表会は「気軽にステージ演奏が披露できる場」。自ら事前準備や当日の司会進行を担い、会場づくりなど運営は全て両親や娘、知人の協力で賄う。高い抽選倍率のホール確保が壁だが、「ピアノ以外に、最近は歌やバイオリンの希望者もいて、ジャンルが広がってきた」。出演希望者からの申し込みは、インターネット募集で続々と舞い込んでくる。「開催後、素敵な企画をありがとうって感謝されると、やっててよかったって思う」

 ○…最近は、インターネットで知り合った仲間と、老人ホームなどで音楽会を開くボランティアにも精を出す。「リコーダー三重奏で『ふるさと』を披露したら、みんなで合唱してくれて。喜んでくれた」とにっこり。お気に入りの岩盤浴でリラックスしながら、「次は何の曲にしようかな」とイメージを膨らませる日々だ。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

山川 朗さん

2017年度の環境衛生関係功労者として、神奈川県から表彰を受けた

山川 朗さん

12月8日号

月岡 日出男さん

国際竹とんぼ協会に所属し、地域で普及に尽くす

月岡 日出男さん

12月1日号

大野 章(あきら)さん

二ヶ領せせらぎ館周辺で野鳥の観察、撮影を続けている

大野 章(あきら)さん

11月24日号

戸田 賢一郎さん

稲田中学校創立70周年記念事業実行委員会の実行委員長を務めた

戸田 賢一郎さん

11月17日号

高橋 礼さん

専修大学野球部のエース右腕で、福岡ソフトバンクから2位指名を受けた

高橋 礼さん

11月10日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月3日号

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク