多摩区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

国立天文台ハワイ観測所に勤め、かわさき宙と緑の科学館で講演した 藤原 英明さん 幸区出身 34歳

まだ見ぬ星、追い求め

 ○…幼い頃に通い詰めた「かわさき宙と緑の科学館」に天文学者として帰ってきた。勤務する国立天文台ハワイ観測所での仕事について講演。世界に誇る天体望遠鏡「すばる」の観測成果や、現場の様子などを美しい画像や映像と共に紹介した。「科学館は自分を育ててくれた場所。次世代の人たちに宇宙の不思議を知ってもらいたい」

 ○…天体望遠鏡「すばる」の広報業務も担当する研究者として、2010年からハワイ島の沿岸都市ヒロに家族と暮らす。自らの研究に取り組むとともに、「すばる」の魅力や性能を知ってもらおうと、観測成果をプレスリリースとして情報発信する日々。研究と広報という二つの視点から宇宙の魅力を伝えるため、フットワーク軽く世界を飛び回っている。「昔から星を見るのが好き。好奇心が強い方で、見ている天体が何者なのか知りたい」と目を輝かせる。

 ○…自らを「川崎育ち」と称する。幼稚園入園前に両親と北海道から移り住み、幸区内の小中学校に通った。小学生の頃、教員に理科や宇宙が好きなことを伝えると「かわさき宙と緑の科学館」の存在を教えてくれた。「小学生天文教室」や「天体観望会」に参加し、足しげく通うように。そこで手作りした塩ビパイプ製の望遠鏡は今でも大切な宝物だ。教室やプラネタリウム上映が終わった後の『居残り時間』に、講師陣からこっそりと望遠鏡の動かし方や星の動きを学んだ。「川崎は、理科好きの自分を育ててくれたまち。いろんな人が星や宇宙を好きな気持ちを後押ししてくれた」

 ○…大学院生の時からカメラが趣味でいつも持ち歩いている。構図やアングルを工夫した見せ方など、広報業務に役立っていると感じている。現在、力を入れているのは宇宙の地図を作るプロジェクトだ。大学や研究所などオールジャパンで取り組んでいる。「天文学者は宇宙で起こる『謎の現象』の第一発見者になれる。それが面白い」

多摩区版の人物風土記最新6件

山川 朗さん

2017年度の環境衛生関係功労者として、神奈川県から表彰を受けた

山川 朗さん

12月8日号

月岡 日出男さん

国際竹とんぼ協会に所属し、地域で普及に尽くす

月岡 日出男さん

12月1日号

大野 章(あきら)さん

二ヶ領せせらぎ館周辺で野鳥の観察、撮影を続けている

大野 章(あきら)さん

11月24日号

戸田 賢一郎さん

稲田中学校創立70周年記念事業実行委員会の実行委員長を務めた

戸田 賢一郎さん

11月17日号

高橋 礼さん

専修大学野球部のエース右腕で、福岡ソフトバンクから2位指名を受けた

高橋 礼さん

11月10日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月3日号

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク