多摩区版 掲載号:2017年3月17日号

国立天文台ハワイ観測所に勤め、かわさき宙と緑の科学館で講演した

藤原 英明さん

幸区出身 34歳

まだ見ぬ星、追い求め

 ○…幼い頃に通い詰めた「かわさき宙と緑の科学館」に天文学者として帰ってきた。勤務する国立天文台ハワイ観測所での仕事について講演。世界に誇る天体望遠鏡「すばる」の観測成果や、現場の様子などを美しい画像や映像と共に紹介した。「科学館は自分を育ててくれた場所。次世代の人たちに宇宙の不思議を知ってもらいたい」

 ○…天体望遠鏡「すばる」の広報業務も担当する研究者として、2010年からハワイ島の沿岸都市ヒロに家族と暮らす。自らの研究に取り組むとともに、「すばる」の魅力や性能を知ってもらおうと、観測成果をプレスリリースとして情報発信する日々。研究と広報という二つの視点から宇宙の魅力を伝えるため、フットワーク軽く世界を飛び回っている。「昔から星を見るのが好き。好奇心が強い方で、見ている天体が何者なのか知りたい」と目を輝かせる。

 ○…自らを「川崎育ち」と称する。幼稚園入園前に両親と北海道から移り住み、幸区内の小中学校に通った。小学生の頃、教員に理科や宇宙が好きなことを伝えると「かわさき宙と緑の科学館」の存在を教えてくれた。「小学生天文教室」や「天体観望会」に参加し、足しげく通うように。そこで手作りした塩ビパイプ製の望遠鏡は今でも大切な宝物だ。教室やプラネタリウム上映が終わった後の『居残り時間』に、講師陣からこっそりと望遠鏡の動かし方や星の動きを学んだ。「川崎は、理科好きの自分を育ててくれたまち。いろんな人が星や宇宙を好きな気持ちを後押ししてくれた」

 ○…大学院生の時からカメラが趣味でいつも持ち歩いている。構図やアングルを工夫した見せ方など、広報業務に役立っていると感じている。現在、力を入れているのは宇宙の地図を作るプロジェクトだ。大学や研究所などオールジャパンで取り組んでいる。「天文学者は宇宙で起こる『謎の現象』の第一発見者になれる。それが面白い」

関連記事powered by weblio


多摩区版の人物風土記最新6件

古賀 彩華さん

政令市の特別救助隊で唯一の女性隊員として、多摩消防署に勤務する

古賀 彩華さん

6月23日号

吉田 靖さん

川崎市緑化センターの所長に今春就任した

吉田 靖さん

6月16日号

井田 哲芳さん

多摩消防団の団長に今春就任した

井田 哲芳さん

6月9日号

綿井 健陽(たけはる)さん

イラク戦争などの戦地で映像を撮り続けるフリージャーナリスト・映画監督

綿井 健陽(たけはる)さん

6月2日号

五十嵐 豊和(とよかず)さん

「かわさき宙と緑の科学館の館長」に先月就任した

五十嵐 豊和(とよかず)さん

5月26日号

小山 均さん

メディアコーディネーターとして川崎市の事業を広報面などからサポートする

小山 均さん

5月19日号

川崎市多摩スポーツセンター

スポーツ・テニス教室、受講生募集

http://kawasaki-tamaspo.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/