多摩区版 掲載号:2017年3月17日号

国立天文台ハワイ観測所に勤め、かわさき宙と緑の科学館で講演した

藤原 英明さん

幸区出身 34歳

まだ見ぬ星、追い求め

 ○…幼い頃に通い詰めた「かわさき宙と緑の科学館」に天文学者として帰ってきた。勤務する国立天文台ハワイ観測所での仕事について講演。世界に誇る天体望遠鏡「すばる」の観測成果や、現場の様子などを美しい画像や映像と共に紹介した。「科学館は自分を育ててくれた場所。次世代の人たちに宇宙の不思議を知ってもらいたい」

 ○…天体望遠鏡「すばる」の広報業務も担当する研究者として、2010年からハワイ島の沿岸都市ヒロに家族と暮らす。自らの研究に取り組むとともに、「すばる」の魅力や性能を知ってもらおうと、観測成果をプレスリリースとして情報発信する日々。研究と広報という二つの視点から宇宙の魅力を伝えるため、フットワーク軽く世界を飛び回っている。「昔から星を見るのが好き。好奇心が強い方で、見ている天体が何者なのか知りたい」と目を輝かせる。

 ○…自らを「川崎育ち」と称する。幼稚園入園前に両親と北海道から移り住み、幸区内の小中学校に通った。小学生の頃、教員に理科や宇宙が好きなことを伝えると「かわさき宙と緑の科学館」の存在を教えてくれた。「小学生天文教室」や「天体観望会」に参加し、足しげく通うように。そこで手作りした塩ビパイプ製の望遠鏡は今でも大切な宝物だ。教室やプラネタリウム上映が終わった後の『居残り時間』に、講師陣からこっそりと望遠鏡の動かし方や星の動きを学んだ。「川崎は、理科好きの自分を育ててくれたまち。いろんな人が星や宇宙を好きな気持ちを後押ししてくれた」

 ○…大学院生の時からカメラが趣味でいつも持ち歩いている。構図やアングルを工夫した見せ方など、広報業務に役立っていると感じている。現在、力を入れているのは宇宙の地図を作るプロジェクトだ。大学や研究所などオールジャパンで取り組んでいる。「天文学者は宇宙で起こる『謎の現象』の第一発見者になれる。それが面白い」

介護付有料老人ホームばらの庄

介護の困ったを引き受けて12年、入居者募集中!

http://www.bala.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

小倉 静江さん

サンドレシピコンテストで最優秀作品レシピを考案した

小倉 静江さん

3月24日号

日比野 綾子さん

「音の輪ピアノ合同発表会」を企画、運営する

日比野 綾子さん

3月10日号

照屋 美優(みゆ)さん

作品「Room+」が、岡本太郎現代美術賞で入選した

照屋 美優(みゆ)さん

3月3日号

鬼木 達(とおる)さん

今シーズン、川崎フロンターレの監督に就任した

鬼木 達(とおる)さん

2月24日号

曽我 小百合さん

渡米し、NFLチアリーダーのオーディション合格をめざす

曽我 小百合さん

2月17日号

石田 泰尚(やすなお)さん

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」のソロ・コンサートマスターを15年務める

石田 泰尚(やすなお)さん

2月10日号

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/