多摩区版 掲載号:2017年5月12日号

市消防局

「市民救命士」講習が有料化 社会

4月から実務を民間委託

 市民や事業者らを対象に無料で行われてきた「応急手当講習」が、4月から有料化となった。これは、主催する川崎市消防局が(公財)川崎市消防防災指導公社に委託したため。講習を務める署員への負担が重く、本来の業務に影響する可能性があることなどが主な理由だが、有料化となった4月の依頼数は減っているという。

 応急手当講習は、心肺蘇生法やAEDの使用法、止血法など、救急患者の救命に必要な応急手当の知識や技術を市民らに身につけてもらうために、市消防局が1994年から実施してきた。「一家に1人の市民救命士」のスローガンを掲げ、講習修了者の称号となる「市民救命士」は23年間で36万人超誕生している。

 しかし、講習の需要が多い一方で、講師を務める消防署員への負担が課題となっていた。本来の業務である緊急時対応や救急隊員への教育なども、限られた人員と時間の中でやりくりする必要があり、実際に講習中に緊急出動したケースもあったという。

 こうした理由から、市消防局は今年度から講習実務を民間委託することを決めた。委託先の川崎市消防防災指導公社は、防災啓発や防火・防災に関わる各講習などを手掛けている法人。「市民救命士」の講習は、これまで平日のみ開催していたが4月から土日祝にも拡大し、受講者を増やしていきたい考えだ。

 また、これまで無料だった講習を有料化にし、普通救命講習/800円、上級救命講習/1000円など、教材費を受講者が負担する。

 しかし「有料化」の影響からか講習の依頼が減っているようだ。公社によると、今年4月の講習依頼数は昨年の4分の1程度にとどまっているという。

 例年、海やプールなど救命救助の必要性が高まる夏にかけて受講者が増加傾向にある中、地元消防団員からは「今までの取り組みが後退してしまうのでは」との声もある。

 広報を担当する市消防局は「しばらくは受講者数が落ち込むかもしれないが、消防関係のイベントや地域行事など、あらゆる機会を通じて市民救命士の必要性を訴えていきたい」としている。

多摩区版のローカルニュース最新6件

広報誌は「幕の内弁当」

市教委

広報誌は「幕の内弁当」

5月19日号

大輪、咲き誇る

大輪、咲き誇る

5月19日号

壮絶な打撃戦制し初防衛

初来館者多数、人気衰えず

藤子ミュージアム

初来館者多数、人気衰えず

5月19日号

2連勝 準決勝へ

サンダース

2連勝 準決勝へ

5月19日号

ゲンジボタルの観賞会

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/