多摩区版 掲載号:2017年5月19日号

川崎市

人口150万人を突破 社会

転入増、安定的な出生数

 川崎市は先月、人口が150万人を突破したと発表した。交通利便性の良さなどによる若年層の転入増や、出生数が死亡数を上回る自然増などが要因。人口減少社会の中、都市の活気ととらえる一方、市では待機児童問題の拡大、人口密集地の災害など課題への対応も必要としている。

 1924年に人口5万人で誕生した川崎市は、72年に政令市となり、翌73年に100万人を突破。2009年には140万人を超え、同年以降は市内7区全てで人口の増加が続いていた。

 人口増の状況を分析すると、転入者の増加と安定的な出生数が特徴。さらに15年の国勢調査によると、10代後半から30代前半の若い世代で転入が転出を上回る。特に20代前半が顕著で、20〜24歳の転入と転出の差は1万4千人以上だ。

 出生数に関しては07年から10年間、毎年1万4千人を超えている。16年の出生数から死亡数を引いた自然増では、全国20政令市のうち14政令市が減少する中、川崎市はトップで3119人増だった。

 背景には武蔵小杉駅周辺の再開発や、幸区の工場跡地の大規模マンション建設など集合住宅の供給増がある。若年層を中心に、安定した出生数も要因の一つとなっている。

 一方、市では人口が増え続けることによる課題への対応が必要とされる。福田紀彦市長は先月26日の会見で、若年層の増加と直結する待機児童問題や、政令市で一番面積が狭い中での災害対策、新旧住民の融和などを課題に挙げている。

多摩区版のローカルニュース最新6件

広報誌は「幕の内弁当」

市教委

広報誌は「幕の内弁当」

5月19日号

大輪、咲き誇る

大輪、咲き誇る

5月19日号

壮絶な打撃戦制し初防衛

初来館者多数、人気衰えず

藤子ミュージアム

初来館者多数、人気衰えず

5月19日号

2連勝 準決勝へ

サンダース

2連勝 準決勝へ

5月19日号

ゲンジボタルの観賞会

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/