多摩区版 掲載号:2017年5月19日号

専修大大関さん

世界学生囲碁で連覇 文化

目指すは一般の日本代表

内野教授の研究室で囲碁を打つ大関さん=15日
内野教授の研究室で囲碁を打つ大関さん=15日

 2月に都内で行われた第15回「世界学生囲碁王座戦」で、大会初の連覇を果たした専修大学商学部(生田キャンパス)3年の大関稔さん(22)。国内外のアマチュア大会に挑む一方、同大学の囲碁部部長としてチーム運営や管理、後輩の指導にも力を注いでいる。

 インターネット対局によるトーナメント戦で、64人参加の予選を勝ち抜いた12カ国、地域の代表16人で争われた学生王座戦。大関さんは豪州、中国、台湾、米国代表と対局し、4戦全勝で頂点に立った。

 幼少から大会に挑み続け、経験値と実績を積み上げてきた大関さん。「勝つためにはメンタルが大事。どういう勝ち方でも一つの勝利で劇的に何かが変わる」と語気を強める。

 全日本の学生3大タイトルとされる本因坊決定戦、囲碁王座戦、囲碁十傑戦を制し、昨年は全国アマチュア本因坊決定戦で優勝。見据えるのは9月に日本代表決定戦がある一般の世界戦だ。昨年7月のアマチュア名人戦はベスト8で涙を飲んでおり、リベンジを誓う。

 藤沢市に住む大関さんは、小1の冬に偶然手にした漫画「ヒカルの碁」で囲碁を知った。友人の誘いで春休みから囲碁の子ども教室に通い始め、翌年には実力を認められて初段以上向けの教室へ。そこで師匠の小島高穂九段に出会った。

 小6から高2まで、プロ棋士の卵にあたる「院生」として指導を受け、高1のとき5段階で最上位にあたるAクラスの1位に上りつめた。4年前から2年続けてプロ採用試験を受けたが、16人のリーグ戦で上位1、2人という難関を突破できず、2回とも不合格。再出発しようと翌年、専修大学2部に入学し、2年生から1部へ移った。

 囲碁部顧問の内野明教授(62)は、大関さんにとってゼミナールの指導教員でもある。「在学中に一つでも多くの大会で優勝することを期待している。海外の大会に備えて、英語を含めて勉強もしっかりやってほしい」とエールを送る。「大学対抗戦で勝って、後輩たちに何か残せれば。他大学との交流など、部員が入りやすい環境も整えていきたい」と大関さん。視野を広げ、己を磨き続ける。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

地域行事担い50年

中野島青年会

地域行事担い50年

5月19日号

337人増、申請最多

川崎市保留児童

337人増、申請最多

5月12日号

20年で記念企画展

かわさきマイスター

20年で記念企画展

5月12日号

南武線誕生を劇化

川崎郷土・市民劇

南武線誕生を劇化

5月5日号

特殊詐欺 4月に6件

多摩署管内

特殊詐欺 4月に6件

5月5日号

50周年祝い 未来へ

日本民家園

50周年祝い 未来へ

4月28日号

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/