多摩区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

中野島有志団体 70周年の太鼓 初修復 地元260人が寄付金

文化

太鼓を囲む実行委メンバーら
太鼓を囲む実行委メンバーら
 中野島で70年受け継がれる大太鼓が初めて修理され、今月7日の中野島稲荷神社例大祭で披露された。地元の有志による太鼓修理の実行委員長を務めた田村忠蔵さん(68)は「地域の皆さんのおかげ。中野島の宝としてこれからも大事に守り続けたい」と思いを語った。

 中野島の大太鼓は戦後間もない1946年に製作。田村さんの父親の世代が浅草の老舗祭具店に依頼したという。修理の話があがったのは昨年の例大祭。「太鼓が傷んできていて、修理したらどうか、我々の代がやらないでいつやるんだという話になった」と田村さん。今年1月に太鼓修理委員会を発足すると、有志27人が集った。

 委員らは太鼓修復に向け、地域の各家庭へ寄付を募集。260人が協力し、想定の3倍の寄付金が集まったという。4月には石川県の業者に修理を依頼。直径約106センチのケヤキでできた胴はそのままに、革を張り替え、太鼓を乗せる台を新調した。

 お披露目には実行委員をはじめ、同神社奉賛会や青年会、多くの地域住民が集結。一人ひとり順番に新しくなった太鼓を叩くなど、完成を祝った。奉賛会の田村基会長(80)は「神社と地域の宝。青年会と一緒に維持管理をしていく」と話した。中野島小学校の山崎惠子校長(60)は「学校行事でも使わせてもらっている。子どもたちも喜ぶ」と笑顔を見せた。

 寄付金の残りは太鼓を保管する小屋の改築に充てられる。小屋は青年会が50年前に建てたもの。17日に解体、来年3月に完成予定だ。

多摩区版のトップニュース最新6件

緑化・保全計画改定へ

川崎市

緑化・保全計画改定へ

12月15日号

「協働」で多摩区2団体

文部科学大臣表彰

「協働」で多摩区2団体

12月15日号

川崎F、奇跡の逆転初V

35年重ね、藍綬褒章

多摩消防団増田副団長

35年重ね、藍綬褒章

12月8日号

待機児童374人、3倍超

子ども食堂 半数が「居場所」

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク