多摩区版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

専修大学野球部のエース右腕で、福岡ソフトバンクから2位指名を受けた高橋 礼さん東三田在学 22歳

困難を面白さに変えて

 ○…プロ野球ドラフト会議が行われた先月26日、生田キャンパスの会見場には恩師の齋藤正直監督、野球部員や家族、関係者が集い、歓喜と祝福に包まれた。「高校、大学時代はほぼ毎試合を見にきてくれた両親、わがままを聞いてついてきてくれた野球部の仲間に感謝したい」。188センチの長身から変則アンダースローで繰り出される速球と変化球を武器に、新天地に挑む。

 ○…千葉県松戸市で生まれ育った。小1のとき母真子(しんこ)さんの勧めでソフトボールを始め、プロ野球選手の夢を抱くように。5年から硬式野球の松戸ボーイズに入団。当時、落合博満監督率いる中日の試合をナゴヤドームで目の当たりにし、大勢の観客と球場の大きさに衝撃を受けた。「いずれはここでやりたい」。中学3年の春、ボーイズのコーチの教えで上手投げから下手投げに転向。専修大松戸高校では投手一本に絞り、投球術や守備力を磨いてきた。授業中は教員から生活態度の注意を受けることもあり、「人間性は野球につながる」と痛感。「その教訓はいずれ次世代に伝えたい」。そっと胸中を明かす。

 ○…大学野球部では、自己管理がより重視される環境に。1年秋から登板機会を与えられ、翌年は大学の日本代表にも選ばれたが、3年のときはエースとして結果が出せなかった。「毎日練習していても試合に直結する内容になっておらず、緊張感が足りなかった」。目標を日々設定して練習量を増やした結果、練習時の投球フォームが試合でもできるようになった。「一つずつ課題をクリアしないとうまくならない」。好奇心を掻き立て、失敗に立ち向かう。

 ○…普段は伊勢原市の寮から、多摩区の校舎に通う商学部4年生。行きつけのうどん屋がある向ヶ丘遊園駅周辺は、故郷の雰囲気に何となく似ているという。帰省すれば「おふくろの味」の唐揚げに舌鼓を打つ。信頼を寄せ、支えてくれた両親を本拠地福岡の球場に招待するのが、密かな夢だ。

多摩区版の人物風土記最新6件

戸田 賢一郎さん

稲田中学校創立70周年記念事業実行委員会の実行委員長を務めた

戸田 賢一郎さん

11月17日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月3日号

国府 弘子さん

ジャズ界を中心に活躍するピアニストで、母校の生田中学校で講演した

国府 弘子さん

10月27日号

山崎 雅彦さん

多摩区老人クラブ連合会副会長で、厚生労働大臣表彰を受章した

山崎 雅彦さん

10月20日号

山口 直子さん

第59次南極地域観測隊の夏隊に、教員枠で同行する

山口 直子さん

10月13日号

杉下 禄郎さん

工業デザインの経験を生かし、多摩区や川崎市のまちづくりに携わる

杉下 禄郎さん

10月6日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク