多摩区版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

多摩区 インフル 市内半数超え 6週で80件、流行の兆し

社会

 川崎市が発表する感染症発生動向で、第39週(9月25日〜10月1日)から第44週(10月30日〜11月5日)の間に多摩区内のインフルエンザ患者報告数が80件に上り、市全体の半数以上を占めたことが分かった。市では「まだ流行期ではないが、ワクチン接種など早めの対策を」と注意を促している。

 川崎市では市内61カ所を定点医療機関として、インフルエンザなどの感染症の発生状況を1週間ごとに集計。1定点医療機関あたりの患者報告数によって流行具合を判断しており、1・0人を超えると流行期に入ったことになる。

 市全体では9月から10月にかけて例年より報告数が多くなり、第38週(9月18日〜24日)には定点あたり0・83人を記録。多摩区で地域的な流行がみられたのは9月末頃からで、第42週(10月16日〜22日)には3・25人に上った。第39週から44週の6週間では、市内の全患者数152人のうち80人が多摩区内で報告された。

 今年は、例年「報告数ゼロ」が続く夏場にもインフルエンザが発生した週があり、9月には市内2校で集団発生による臨時休業措置が行われた。市健康安全研究所では「普段とは違う流行の形態。昨シーズンとは変わるのではないか」と分析する。昨季は「A香港型」が流行の中心だったが、現在同所に搬入されている検体からは2009年に流行した「AH1pdm09型」が検出されているという。

 一般的に、ワクチンの予防効果が期待できるのは接種した2週後から5カ月程度までと言われている(13歳未満は2回接種)。市では現在のワクチンの状況について「十分ではないようだが、数としては足りている。特にリスクのある人は早めの接種を」と話し、「手洗いとうがいを徹底し、少しでも体調が良くないと感じたらマスクをして周りにうつさない工夫を」と呼びかけている。

多摩区版のトップニュース最新6件

緑化・保全計画改定へ

川崎市

緑化・保全計画改定へ

12月15日号

「協働」で多摩区2団体

文部科学大臣表彰

「協働」で多摩区2団体

12月15日号

川崎F、奇跡の逆転初V

35年重ね、藍綬褒章

多摩消防団増田副団長

35年重ね、藍綬褒章

12月8日号

待機児童374人、3倍超

子ども食堂 半数が「居場所」

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク