多摩区版 掲載号:2017年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 万全なアスベスト対策を 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

 今月16日に行われた環境委員会では、川崎市のアスベスト(石綿)対策について報告がありました。現在日本ではアスベストの新たな使用は禁止されていますが、過去に建設された多くの建物で使用されたままになっています。それらの建物が耐用年数を迎え、今後解体される建物の数が増えることが予測されています。

 アスベストは天然の繊維状の鉱物で、その工業的な利便性の高さから1970〜90年代にかけて年間に約30万トン輸入されていたそうです。その9割以上が建材加工で利用されてきましたが、健康影響が明らかになり、各種法令で規制が行われるようになりました。吸引すると約15〜40年の潜伏期間を経た後に肺がんや中皮腫等を引き起こすことがあるといいます。

市独自の取り組み

 川崎市では市民の生活環境を保全するため、解体工事現場からのアスベスト飛散防止の対策に従来から取り組んでいます。大気汚染防止法による吹付け石綿等の規制に加え、2011年度からは事務所ビルや戸建て住宅に幅広く使用されている「石綿含有成形板」を対象とした独自規制を市条例により開始。解体工事に係る届出指導や現場への立入検査を続けています。昨年度の条例に基づく届出は718件で、初年度の232件から増加傾向にあります。立入検査についても年々増加し、昨年度は1024件。原則として届出現場に全件検査を実施し、届出のない現場に対しても抜き打ち検査を行っています。条例に基づく独自の取り組みのため、県内の他自治体と比べて非常に多く立入検査を実施しています。

 この他、解体事業者向けの説明会やパンフレット配布、市アスベスト対策会議を開催するなど、より一層対策を強化しています。また今年5月の環境省による通知で、建築用仕上塗材のうちアスベストが含まれているものについて大気汚染防止法の規制対象になったことを受け、事前調査等を進めています。

 川崎市の大気中のアスベスト濃度は低い値で推移しており、昨年は全区で0・10本/リットル以下で、世界保健機関の健康リスクが検出できないほど低いとされる基準(1〜10本/リットル)より十分低いものです。今後も市民の安心、安全のため、より万全な対策を推進していきます。

ひろた健一

川崎市多摩区菅北浦2-1-17

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6件

子之神橋拡幅、来春完成へ

市政報告

子之神橋拡幅、来春完成へ

12月8日号

観光資源の有効活用を

市政報告

観光資源の有効活用を

10月20日号

川崎市の中学校完全給食はどうなっているの? 安全なの? おいしいの?

新たな党での活動を決断

”人づくりなくして国づくりなし”の信念の下

新たな党での活動を決断

10月6日号

家族のいのちを暮らしを 未来を守る

より健全な財政運営を

市政報告

より健全な財政運営を

9月22日号

介護付有料老人ホームばらの庄

介護でお悩みの方!丸12年の実績と信頼を積み上げた「ばらの庄」へご相談を!!

http://www.bala.co.jp/

川崎寺子屋食堂・オープン記念

12月25日(月)長尾いこいの家でクリスマスパーティ!一般無料参加・先着8人

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク