中原区版 掲載号:2013年4月5日号

(PR)

花粉症でも鼻炎でもない

寒暖差アレルギーの可能性

取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 花粉症や鼻炎、ほこりなどのアレルギーでないのに、咳や鼻水、くしゃみの症状が治まらない場合は「寒暖差アレルギー」が疑われるという。すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉に取材した。

 「寒暖差アレルギーは、寒暖の差で鼻の奥の毛細血管が詰まり、粘膜が腫れることで起きます。『花粉症みたいに鼻の調子が悪い』という時は可能性があります。医学的には血管運動性鼻炎と言います。アレルギーや風邪と違い、目に症状がなく、鼻水が透明なことが特徴。昼と夜の寒暖差や、急な温度変化にも注意が必要です。今年は特に寒い日と暖かい日の気温差が激しく、時期的にも花粉症だと思って来院する方が多いです」と鈴木院長。

 「対策としては着たり脱いだり温度調節できる服装を心がけることが大切です。ラジオ波治療でも対応できます」と話す。ラジオ波治療は腫れた鼻粘膜を収縮させる治療。花粉症の場合、シーズンインするとできなくなるレーザー治療に対して、症状が発症して、鼻が詰まった状態でも可能。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

シーズン前からの対策が必要

スギ花粉は2月中旬から飛散開始と予測

シーズン前からの対策が必要

1月20日号

運動しながら笑顔になれる場所

機能訓練特化型デイサービス 歩・友とどろきニュース【5】

運動しながら笑顔になれる場所

1月20日号

見たい現場が見られる2日間

ハンセン病知る講演会

らい予防法廃止から20年 川崎市人権学校

ハンセン病知る講演会

1月13日号

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

1月6日号

プロの掃除が最安値

一年のうち今が頼みどき

プロの掃除が最安値

1月6日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/