中原区版 掲載号:2015年6月19日号

(PR)

子どもの弱視治療にタブレット

ららテラス武蔵小杉4F・さこう眼科

 東急線の武蔵小杉駅直結、ららテラス4階にある『さこう眼科』では、子どもの弱視治療にタブレット端末を導入している。

 弱視は目の発達が止まったり遅れることで視力が育たなくなる症状。「弱視は原因により治療法が異なりますが、遠視の場合は眼鏡を使い、それでも発達が見込めないと、視力の良い方を隠す遮蔽訓練を行います。視力の悪い方の眼だけを使い、視力の成長を促します。しかし、『むれる』、『かぶれる』、『見た目がイヤ』などの理由で隠すのを嫌がり、特に子どもは長続きしない場合も多いです」と酒匂丈裕院長。回復までに13カ月ほど要するため、遮蔽した方の眼が弱まってしまうリスクもあるという。

メガネをかけて1日15分のゲーム

 同院が導入する手法は、専用のメガネをかけてタブレット端末のゲームを15分プレイするというもの。期間は1〜2ヵ月程度。酒匂院長は「視力が育つ過程にある子どもの治療としては有効的。親の精神的な苦痛も少なく、弱視治療において選択肢の一つになると思う。興味のある方は専門医に相談を」と話している。

さこう眼科

神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1302 ららテラス武蔵小杉クリニックモール4F

TEL:044-430-4350

http://www.sakoh-ganka.com/

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク