中原区版 掲載号:2015年7月3日号

(PR)

「自覚症状がないため、まずは検査を」

糖尿病網膜症から目を守る

東急武蔵小杉駅直結ららテラス4F「さこう眼科」

酒匂丈裕院長
酒匂丈裕院長
 東急線武蔵小杉駅直結、ららテラス4階の『さこう眼科』は、「どんな病気でも診る」という診療方針のもと、さまざまな症状に対応できる体制を整える。

 区内の小学校の学校医も務める酒匂丈裕院長。老若男女関わらず失明の危険のある糖尿病網膜症について話す。「糖尿病網膜症は糖尿病による三大合併症の一つ。症状には段階があり、【1】網膜に出血がある単純網膜症。【2】白斑ができる増殖前網膜症。【3】大量に出血する増殖網膜症です。厄介なのは【1】、【2】には自覚症状がなく、目に違和感を感じた時には相当進行していることになります。さらに、網膜症は症状を遅らせても回復させることができません」

 早期に発見できればレーザー治療などで失明を防ぐことができるという。「自分の眼がどの段階にあるのか検査で確認することが重要です。まずは専門医にご相談下さい」と酒匂院長は話す。

さこう眼科

神奈川県川崎市中原区新丸子東3−1302ららテラス武蔵小杉4F

TEL:044-430-4350

http://www.sakoh-ganka.com

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

シーズン前からの対策が必要

スギ花粉は2月中旬から飛散開始と予測

シーズン前からの対策が必要

1月20日号

運動しながら笑顔になれる場所

機能訓練特化型デイサービス 歩・友とどろきニュース【5】

運動しながら笑顔になれる場所

1月20日号

見たい現場が見られる2日間

ハンセン病知る講演会

らい予防法廃止から20年 川崎市人権学校

ハンセン病知る講演会

1月13日号

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

1月6日号

プロの掃除が最安値

一年のうち今が頼みどき

プロの掃除が最安値

1月6日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク