中原区版 掲載号:2016年3月4日号
  • googleplus
  • LINE

市政レポート

「背水の陣予算」に監視の目を

川崎市議会議員 まちづくり委員会副委員長 原 典之

 来年度(平成28年度)予算に対する本会議が2月15日から始まり、3月18日まで開催される予定です。それに先立ち、2月14日にTVK(テレビ神奈川)にて、各会派による討論会が放送されました。自民党川崎市議団からは、私が指名を受け代表して出演しました。

 来年度の予算額は、市の人口が今後も増え続けることもあり、昨年に引き続き戦後最大の1兆3880億円となりました。その中には、市債発行592億円(前年比+14・7%)と、減債基金(将来市債を返す為の貯金)からの新規借入金として92億円があてられました。加えて、再来年度(平成29年度)予算では、既に市債発行829億円・減債基金借入金191億円と相当厳しい財政運営を迫られることが決定しています。

 こうしたことから、自民党川崎市議団では来年度予算に対し「背水の陣予算」と命名しました。市長の公約の肝である「待機児童ゼロ対策」「小児医療費助成拡充」「中学校完全給食」に多額の税金が投入されるのは周知の事実で、政策そのものには我が団は応援している立場です。ただ、財源の根拠が明確に示されず、このままでは今の子どもたちに手厚くした分を、そのまま将来にツケを回すだけと危惧しています。

 福田市長の施政方針からも「スクラップ・スクラップ・アンド・ビルド」の文言が消え、将来のビジョンが見えないのも課題です。議会側からも、行政のチェック機能だけでなく「何が必要で何が無駄か」を見極め、提案して参ります。

TVKで討論した際の一コマ
TVKで討論した際の一コマ

川崎市議会議員 原典之

中原区小杉町2-313

TEL:044-711-5511

http://www.hara-nori.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク