中原区版 掲載号:2016年12月23日号

川崎市

デザイナー紹介サイト開設 社会

企業の戦略・PRを後押し

サイトのトップ画面
サイトのトップ画面
 川崎市は、企業とデザイナーを結ぶマッチングサイト『かわさきBizコン』をこのほど開設した。事業者が商品のPRや企業のイメージ戦略などを練る際に、各分野のデザイナーやクリエイターを検索できるサイトで、市では「企業活動の活性化につながれば」と期待を寄せる。

 川崎市では、2010年に「川崎市コンテンツ産業振興ビジョン」を策定し、各企業のキャラクターやSNSなどの各種コンテンツを活用した事業展開、販売促進、製品作りなどを推進している。今回のサイト開設は、その一環で、「気軽に企業活動の活性化につながるもの」としてサイトの開設に至った。

 『かわさきBizコン』のメニューは、【1】クリエイター/デザイナー検索、【2】コンテンツ選びチャート、【3】コンテンツ活用事例集、【4】相談フォームの主に4つから成る。事業者にとって、どのデザイナーが適しているのか、デザイナーのプロフィールや過去の作品などを検索、閲覧できる。現時点で、デザイナー・クリエイターの登録数は12件ほど。

 登録は現在受付中で、今年度中に100件をめざすという。サイトの利用料や紹介料は無料で、市内の事業者は専門家への無料相談もできる。

「ものづくり企業に有効活用してほしい」

 市経済労働局の担当者は「特にものづくり企業に有効活用してもらいたい」と期待する。これまでにセミナーなどを通して「新商品をPRしたいけど、やり方がわからない」「SNSを使った広報をしたいけど、まず何をしたらよいのか」など、意欲があるのに方法がわからないという企業が多く見受けられ、それらに対応していきたい考えだ。

 担当者は「開設して間もないので、まずはデザイナー・クリエイターの登録を増やし、サイト自体を周知し、知ってもらうことが当面の目標。その上で、企業活動の活性化の一助になれば」と話す。

 サイトはPC、スマホから閲覧できる。

■かわさきBizコン

https://www.kawasaki-contents.jp/

中原区版のトップニュース最新6件

市民団体ネットワーク化へ

子どもの貧困問題対策

市民団体ネットワーク化へ

3月17日号

等々力緑地に桃を植樹へ

経産大臣賞を受賞

医大発ベンチャーナノエッグ

経産大臣賞を受賞

3月10日号

市内初の「暮らしの保健室」

12億2千万円の赤字

川崎市ふるさと納税

12億2千万円の赤字

3月3日号

防災の強化に重点

中原区新年度予算案

防災の強化に重点

3月3日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて学ぶ「中原街道」

参加者募集

歩いて学ぶ「中原街道」

ガイド付きウォーク企画

5月19日~12月15日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/