中原区版 掲載号:2017年1月1日号

(PR)

「親子の絆を大切に」

西山裕志税理士事務所 所長西山裕志さん

 独立開業し33年、法人の財務会計から個人の相続相談まで地域密着のサポートを行う他、全国でセミナーの講師も務める『西山裕志税理士事務所』の西山所長。相続から見る家族の絆について話してくれた。 

 西山「相続に関する相談を受けた場合、当初は相続財産の試算をし、相続税がどのくらいかかるのか、誰にどう財産を分けたらいいのか、納税資金は足りるのか、などという相談から始まります。しかし、財産は大切ですが、親子の絆もとても重要です。年に何度か子どもや孫を呼んでの食事会などを計画されてみるのも良いでしょう。就職祝、結婚祝、住宅の新築祝、孫の出産祝、孫の入学祝など、爺・婆が出番の時はたくさんあります。

 住宅資金贈与制度の他、教育資金贈与制度、結婚・子育て資金贈与制度が出来て、次世代の人たちが子育て資金を得る機会が増えたので、それを利用されても良いでしょう。子どもとの会話を多く持ち、子どもが何を要望しているのかを聞き援助することで、喜んで頼ってきてくれます。

兄弟姉妹の絆も

 親が、育てた子に望むことは何でしょう。『子どもが健康で幸せであってほしい』『兄弟姉妹仲良く、困ったときには助け合って生きていって欲しい』ということではないかと思います。

 現実には、何割かの相続人は、相続をきっかけに口も利かないなど交流が途絶えてしまうケースがあります。遺産分割で弁護士が入るような案件では、ほとんどの相続人はその関係が壊れてしまいます。

 親子、兄弟の絆を大切な相続財産だと思い、これからも仕事に励んで参ります」

西山裕志税理士事務所

川崎市中原区上丸子山王町1-873-6 2F

TEL:044-411-9880

http://nishiyamakaikei.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/