中原区版 掲載号:2017年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

バスケ男子

川崎 全日本で準V

スポーツ

3大会ぶり頂点ならず

シュートを放つ篠山主将(左)
シュートを放つ篠山主将(左)
 バスケットボールチームの日本一を決める全日本総合選手権(第92回天皇杯)の男子決勝は1月9日、東京・国立代々木競技場で行われ、川崎ブレイブサンダースは千葉ジェッツに66―88で敗戦。3年ぶりの優勝を逃した。

 プロバスケ「Bリーグ」1部中地区で首位を独走する川崎は8日、東地区首位のアルバルク東京を逆転勝ちで降し、迎えた翌日の決勝。12月30、31日のリーグ戦では連勝した相性のいい千葉に、前半終了(第2クオーター)で26―36とリードを許す。後半も千葉の堅守を崩しきれず、点差を縮められなかった。

 北卓也ヘッドコーチ(44)は「選手はよく頑張ってくれたが、追い上げる場面で簡単なミスをして失点し、流れを引き寄せられなかった」と指摘。「武器である組織力を見つめ直して、頑張っていく」と語った。

 司令塔の篠山竜青主将(28)は「一発勝負の怖さを改めて思い知らされた。66点しか取れないというのは、シーズン中でもあまりないこと」と悔しさをにじませ、「第2クオーターでは、相手の守りに対してうまく状況判断ができず、いい形で攻撃を終えられなかった」と反省点を挙げた。

 日本バスケットボール協会が主催する同大会男子は1月3日から行われ、Bリーグから推薦された12チームのほか、大学、社会人チームなど全32チームが参加。トーナメント形式で戦った。大会ベスト5には、決勝で27得点を挙げた川崎のニック・ファジーカス選手(31)が選ばれた。

 川崎の決勝までの結果は以下のとおり。

▽3回戦(福岡第一高校)114―67▽準々決勝(サンロッカーズ渋谷)91―65▽準決勝(アルバルク東京)78―71

関連記事powered by weblio


中原区版のトップニュース最新6件

食育推進に987万円

川崎市補正予算

食育推進に987万円

10月20日号

「プロボノ」地域活性に手応え

セレサモスに「キティちゃん」

JAセレサ川崎

セレサモスに「キティちゃん」

10月13日号

3人のロボット、全国へ

川崎工科高機械研究部

3人のロボット、全国へ

10月13日号

新定義導入で 増加へ

川崎市待機児童

新定義導入で 増加へ

10月6日号

10区は三つ巴(どもえ)、18区は一騎打ちか

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク