中原区版 掲載号:2017年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

市政レポート

将来を見据えた街づくりに邁進

川崎市議会議員 前まちづくり委員会副委員長 原 典之

 2016年には川崎市の人口が149万人を超え、20ある政令指定都市の中で、京都市を抜いて第7位になりました。今後2030年まで人口が増え続ける川崎市、そして2035年まで人口が増えていく中原区では、さらなる街の賑わいが見られると思います。しかし、賑わいだけではなく、保育園や介護施設など諸問題も同時に考えて取り組んでいく必要があります。

 人口増をただ喜んでいるだけではいけません。本市では、待機児童の問題、保育所の整備がまだ不充分であることに加え、生産労働年齢の割合が全国的に減っていき、超高齢社会が始まっていることは周知の事実であります。すでに川崎市議会においても、「今は増収だが、これを使い切るような予算編成はおかしい」との議論が始まっており、いかに将来負担を減らすのか侃々諤々(かんかんがくがく)行われております。

小杉駅北側の再開発

 現在、武蔵小杉北側は、医療・教育・交流・複合利用と、それぞれ地区毎に分けて開発が進んでおります。旧日石社宅跡地には、1000人規模のコンベンション施設が入り、日本医科大学では、大学跡地が定期借地で市立小学校ができ、現グラウンドの場所に病院が引越し、病院があるところにはマンションが2棟建ちます。その下層階部分には、地域包括ケアシステムのモデルとなるような、医療・福祉等が入ります。

経済対策も重要課題

 2年後の2019年には日本でラグビーW杯が開かれ、2020年には東京五輪・パラ五輪、そして、2021年にはご年配方の国体、いわゆる「ねんりんピック」が神奈川県で開催されます。その3ヶ年の経済対策が重要だと捕らえ、市政に邁進していきます。

 なお、市政・区政に関する「出前講演」は随時受付けておりますので、お気軽に事務所へご連絡下さい。

川崎中ロータリークラブ様の例会の場でお話しさせて頂きました
川崎中ロータリークラブ様の例会の場でお話しさせて頂きました

川崎市議会議員 原典之

中原区小杉町2-313

TEL:044-711-5511

http://www.hara-nori.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク