中原区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

空襲の記録を後世に

社会

平和館で川崎大空襲記録展

市役所本庁舎3階から明治産業を見た当時の写真(平和館提供)
市役所本庁舎3階から明治産業を見た当時の写真(平和館提供)
 72年前の4月15日、川崎に大空襲が起こった。10万人を超える被害者が出たという。この悲惨な歴史と平和への思いを後世に伝えていこうと川崎市平和館(木月住吉町33の1)で3月11日(土)から5月7日(日)まで「川崎大空襲記録展」が行われる。午前9時から午後5時まで。入場無料。

 所蔵する空襲関連パネルのほか、市民から寄贈された召集令状や千人針等が展示される予定。

 また、3月11日の午後1時からはイベントも開催。区内在住の戦争体験者が当時の様子を話す。近隣小学校の児童による平和学習の発表も予定。主催者は「戦争体験者の生の声を聞く機会は少なくなっている。平和を考えるきっかけになれば」と話す。問合せは同館(044・433・0171)へ。

関連記事powered by weblio


中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク