中原区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

民間スポーツジムを患者のリハビリに活用する取組を行う日医大武蔵小杉病院の医師 菊池 有史さん 区内在勤 39歳

好奇心と発想力を行動に

 ○…供給が足りていない心疾患患者のための心臓リハビリテーションの場を拡大しようと、民間のスポーツジムを活用した取組をスタートして約1年半。「患者が元気になり、ジムの利用が増え、医療費削減にも繋がる、皆が得する仕組み」と手応えを感じている。年内にこれまでの経過を学会で発表する予定だ。「民間委託は万が一の事故を恐れて避けられているのが現状。安全にできることを実証し、同志を募って中原区から全国へ広めていきたい」

 ○…専門はリハビリではなく循環器のカテーテル手術。心筋梗塞などの急性の病気の患者と向き合う。「生死をさまよった患者が元気になり外来に来てくれる。1人の患者をずっと診続けられるのが魅力」。各地の日本医科大学関連病院で経験を積み、武蔵小杉に来て6年目。リハビリの重要性に気付いたのは、腰を落ち着けて患者と向き合えるようになった頃だった。「手術でなかなか回復しなかったおばあちゃんが急に元気になって。なぜだろうと思ったら自宅で娘さんのエアロバイクをやっていて」と、すぐさま行動に移した。

 ○…薬剤師の両親のもとに生まれ、自然と医学の道へ。子どもの頃は「マンホールとか、人が気にならないところに興味を持つ変な子だった」と振り返る。現在も好奇心は健在で「いろんな人の職業について聞くのが好き。今も逆取材したいくらい」とも。家族は夫人と小1の娘、そして2匹のモルモット。「娘にねだられ飼い始めた。育て方も人と違い勉強になる、面白い」と医師らしいコメントだ。

 ○…医師として気を付けているのは「つけあがらないこと」。「先生と呼ばれる職業は特殊。呼ばれるからには求められるものに対してプロとして、丁寧に接したい」。民間連携をはじめ、産業医や山形県の病院での非常勤などで忙しい日々。「置かれた環境でできることをやっていく。満足な成果を出す」。目の前のことに、誠実に向き合っていく。

中原区版の人物風土記最新6件

浦野 昭志さん

中丸子南緑道緑を守る会で長年、緑道の整備に尽力する

浦野 昭志さん

12月8日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月24日号

伊藤 紅華(こうか)さん

川崎市茶華道協会の理事長として伝統文化の伝承に努める

伊藤 紅華(こうか)さん

11月17日号

齋藤 正夫さん

中原区老人クラブ連合会の会長として、高齢者の地域活動を支える

齋藤 正夫さん

11月10日号

大矢 紀さん

川崎市市民ミュージアムで3日から作品展「大地の輝きを描く」を開催する

大矢 紀さん

11月3日号

内海 陽雪(ようゆき)さん

中原区文化祭を主催する中原文化協会の会長を務める

内海 陽雪(ようゆき)さん

10月27日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク