中原区版 掲載号:2017年3月17日号

民間スポーツジムを患者のリハビリに活用する取組を行う日医大武蔵小杉病院の医師

菊池 有史さん

区内在勤 39歳

好奇心と発想力を行動に

 ○…供給が足りていない心疾患患者のための心臓リハビリテーションの場を拡大しようと、民間のスポーツジムを活用した取組をスタートして約1年半。「患者が元気になり、ジムの利用が増え、医療費削減にも繋がる、皆が得する仕組み」と手応えを感じている。年内にこれまでの経過を学会で発表する予定だ。「民間委託は万が一の事故を恐れて避けられているのが現状。安全にできることを実証し、同志を募って中原区から全国へ広めていきたい」

 ○…専門はリハビリではなく循環器のカテーテル手術。心筋梗塞などの急性の病気の患者と向き合う。「生死をさまよった患者が元気になり外来に来てくれる。1人の患者をずっと診続けられるのが魅力」。各地の日本医科大学関連病院で経験を積み、武蔵小杉に来て6年目。リハビリの重要性に気付いたのは、腰を落ち着けて患者と向き合えるようになった頃だった。「手術でなかなか回復しなかったおばあちゃんが急に元気になって。なぜだろうと思ったら自宅で娘さんのエアロバイクをやっていて」と、すぐさま行動に移した。

 ○…薬剤師の両親のもとに生まれ、自然と医学の道へ。子どもの頃は「マンホールとか、人が気にならないところに興味を持つ変な子だった」と振り返る。現在も好奇心は健在で「いろんな人の職業について聞くのが好き。今も逆取材したいくらい」とも。家族は夫人と小1の娘、そして2匹のモルモット。「娘にねだられ飼い始めた。育て方も人と違い勉強になる、面白い」と医師らしいコメントだ。

 ○…医師として気を付けているのは「つけあがらないこと」。「先生と呼ばれる職業は特殊。呼ばれるからには求められるものに対してプロとして、丁寧に接したい」。民間連携をはじめ、産業医や山形県の病院での非常勤などで忙しい日々。「置かれた環境でできることをやっていく。満足な成果を出す」。目の前のことに、誠実に向き合っていく。

関連記事powered by weblio


中原区版の人物風土記最新6件

富永 夏子さん

世界でハンセン病の患者などを撮り続けるフォトグラファーの

富永 夏子さん

6月23日号

宮前 尚子さん

中原消防団消防大会の小型ポンプ操法競技に女性で初めて出場した

宮前 尚子さん

6月16日号

小山 均さん

メディアコーディネーターとして川崎市の事業を広報面などからサポートする

小山 均さん

6月9日号

中山 純史(じゅんじ)さん

4月に市民ミュージアムの館長に就任した

中山 純史(じゅんじ)さん

6月2日号

小俣 博司さん

東京大学都市情報学の研究員でシンジョーまちなカレッジの学長を務める

小俣 博司さん

5月26日号

綿井 健陽(たけはる)さん

イラク戦争などの戦地で映像を撮り続けるフリージャーナリスト・映画監督

綿井 健陽(たけはる)さん

5月19日号

関東労災病院 市民公開講座

「がん」をテーマに専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/