中原区版 掲載号:2017年3月17日号

市民ミュージアム

”回想法”で認知機能改善 社会

ワークショップで多業種交流

発表を聞き、意見を出し合う参加者
発表を聞き、意見を出し合う参加者
 川崎市市民ミュージアムが主催するワークショップ「みんなで考えるミュージアム・図書館・文化芸術×福祉がひらくユニバーサルな未来」が3月12日、中原区役所で行われた。当日は関係者ら39人が集まり、高齢者福祉について考えた。

 第1部は市内生涯学習施設からの情報提供が行われた。市民ミュージアムが昨年1月から3月にケアネット川崎サービスセンターと協力して行った「回想法体験講座」の報告では、参加者が回想法について学んだ。回想法とは写真、映像、生活に関わる道具などを使って過去を思い出すことで脳を刺激し、認知機能の改善につなげる方法。市民ミュージアムに所蔵されている過去の写真や資料を見ることで「気持ちが晴れた」などという声が上がったという。一方で、ミュージアムのアクセスの悪さや誰もが親しみのある資料を用意する必要がある等の課題が挙がった。

 第2部ではそれを踏まえて自由に意見を出し合うワークショップを行った。

 参加者は「普段なかなか接点のない他の職種の人達と交流できて良かった」と話していた。

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/