中原区版 掲載号:2017年4月21日号

熊本地震1年

市、防災啓発強化へ 社会

推進費に前年比1・7倍

中学校区合同防災訓練で話す多摩区職員=昨年11月
中学校区合同防災訓練で話す多摩区職員=昨年11月
 熊本地震発生から1年。川崎市は2017年度予算の「かわさき10年戦略」で、地震防災戦略の推進を掲げる。各区における実践的防災訓練等の施策を進め、「大災害発生直後、まず自分の命を守ること」に重点を置き、市民への啓発事業を強化していく方針だ。

 市は今年度予算の事業「国土強靭化・地震防災戦略の推進」に、前年度比約6億9千万円増の16億7321万3千円を計上。地域防災力強化等を拡充事業とし、市民意識向上を目指す。

 昨年4月の熊本地震以降の主な取り組みとして、市はこれまで職員延べ386人(4月1日時点)を現地に派遣。数日間の短期から半年以上の中長期まで、避難所運営を行う事務職や保健師、建築職の分野で支援活動に携わっている。ここでの経験を踏まえ市は今年度、備蓄計画の改定やボランティアなど支援を受ける「受援」マニュアル素案作成を進めていく。

出前講座「活用を」

 市危機管理室では町内会やPTAなど市民団体を対象にした「ぼうさい(防災)出前講座」を2006年に開始。被災地支援の経験談等を交えながら、日頃の備えについて啓発する取り組みで、昨年は99回行い、5863人が参加した。市は「講座の要請があれば原則応じる」としている。

 一方、各区の危機管理担当による地域性を考慮した講座も、学校区避難所運営会議や老人会、企業を対象に実施。多摩区危機管理担当は「すぐに成果が出るものではないが、地道に啓発の場を設けていく」と話す。

 さらに「阪神・淡路大震災では、発生後1時間以内に当日犠牲者の8割が集中したというNHKの調査データもある。建物や家具の倒壊による窒息死の割合が高いという実態に対し、リスク意識は低い」と指摘。「家具の固定など身近な屋内対策にも力を入れるべき」と警笛を鳴らす。

 市が18歳以上を対象に行う「かわさき市民アンケート」の昨年度結果によると、大規模災害の備えとして家庭内の取り組みは、停電(64・2%)や飲料水(43・2%)に対し、家具の適切な配置や転倒防止対策が34・9%とやや低めだ。

 市は今年度中、防災を特集した広報紙の全戸配布を計画中。事業周知に注力していく。

関連記事powered by weblio


中原区版のトップニュース最新6件

想定上回り増加加速

川崎市将来人口推計

想定上回り増加加速

6月23日号

S級資格取得へ挑戦

区内在住の小坂教諭

S級資格取得へ挑戦

6月16日号

野外フェスで魅力発信

東扇島東公園

野外フェスで魅力発信

6月16日号

増改築で3万5千人収容へ

等々力陸上競技場

増改築で3万5千人収容へ

6月9日号

相談・通告件数、過去最多に

川崎市内児童虐待

相談・通告件数、過去最多に

6月9日号

川崎 初代王者ならず

プロバスケBリーグ

川崎 初代王者ならず

6月2日号

関東労災病院 市民公開講座

「がん」をテーマに専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/