中原区版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

熊本地震1年

市、防災啓発強化へ 社会

推進費に前年比1・7倍

中学校区合同防災訓練で話す多摩区職員=昨年11月
中学校区合同防災訓練で話す多摩区職員=昨年11月
 熊本地震発生から1年。川崎市は2017年度予算の「かわさき10年戦略」で、地震防災戦略の推進を掲げる。各区における実践的防災訓練等の施策を進め、「大災害発生直後、まず自分の命を守ること」に重点を置き、市民への啓発事業を強化していく方針だ。

 市は今年度予算の事業「国土強靭化・地震防災戦略の推進」に、前年度比約6億9千万円増の16億7321万3千円を計上。地域防災力強化等を拡充事業とし、市民意識向上を目指す。

 昨年4月の熊本地震以降の主な取り組みとして、市はこれまで職員延べ386人(4月1日時点)を現地に派遣。数日間の短期から半年以上の中長期まで、避難所運営を行う事務職や保健師、建築職の分野で支援活動に携わっている。ここでの経験を踏まえ市は今年度、備蓄計画の改定やボランティアなど支援を受ける「受援」マニュアル素案作成を進めていく。

出前講座「活用を」

 市危機管理室では町内会やPTAなど市民団体を対象にした「ぼうさい(防災)出前講座」を2006年に開始。被災地支援の経験談等を交えながら、日頃の備えについて啓発する取り組みで、昨年は99回行い、5863人が参加した。市は「講座の要請があれば原則応じる」としている。

 一方、各区の危機管理担当による地域性を考慮した講座も、学校区避難所運営会議や老人会、企業を対象に実施。多摩区危機管理担当は「すぐに成果が出るものではないが、地道に啓発の場を設けていく」と話す。

 さらに「阪神・淡路大震災では、発生後1時間以内に当日犠牲者の8割が集中したというNHKの調査データもある。建物や家具の倒壊による窒息死の割合が高いという実態に対し、リスク意識は低い」と指摘。「家具の固定など身近な屋内対策にも力を入れるべき」と警笛を鳴らす。

 市が18歳以上を対象に行う「かわさき市民アンケート」の昨年度結果によると、大規模災害の備えとして家庭内の取り組みは、停電(64・2%)や飲料水(43・2%)に対し、家具の適切な配置や転倒防止対策が34・9%とやや低めだ。

 市は今年度中、防災を特集した広報紙の全戸配布を計画中。事業周知に注力していく。

関連記事powered by weblio


中原区版のトップニュース最新6件

セレサモスに「キティちゃん」

JAセレサ川崎

セレサモスに「キティちゃん」

10月13日号

3人のロボット、全国へ

川崎工科高機械研究部

3人のロボット、全国へ

10月13日号

新定義導入で 増加へ

川崎市待機児童

新定義導入で 増加へ

10月6日号

10区は三つ巴(どもえ)、18区は一騎打ちか

現新3人の争いか

川崎市長選

現新3人の争いか

9月29日号

のべ87事業所に報奨

健幸福寿プロジェクト

のべ87事業所に報奨

9月22日号

<PR>

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク