中原区版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

振込詐欺阻止に感謝状 今年に入り被害増

社会

署長(右)から感謝状
署長(右)から感謝状
 中原警察署(田中武志署長)は4月14日、振り込め詐欺を阻止したとして、三井住友銀行武蔵小杉支店の松岡英明支店長に感謝状を贈呈した。

 今回の案件は3月15日、同店の窓口に60歳代の女性が「弟の親戚に不幸があって320万円引き下ろしたい」と訪れたため、不審に感じた行員が警察に通報。警察が調べたところ、詐欺が判明した。同店では「日々、窓口で振込め詐欺に関する声掛けをする中で、お客さまも『わかっている』と話すので、それ以上に踏み込むのはなかなか難しい。しかし、今回は実際に防止が出来たので、励みになります」と話した。田中署長は「皆さんの協力が被害の抑制になる。非常にありがたい」と感謝した。

無人ATM機で被害増

 区内の今年(4月13日まで)の振り込め詐欺の件数は14件。昨年の同日に比べて9件増えている。特に無人ATM機での被害が今年に入り9件起きており、同署では注意を呼び掛けるとともに、警戒を強めている。

 手口としては、役所などの公的機関を騙る者が、年金や税金を返金するなどと話し、ターゲットを電話で無人ATM機に誘導する。電話口から入力を促し、指示された通りに入力すると、返金ではなく、相手の口座に入金してしまうというケース。同署では「公的機関が還付金の話をして、ATMに行かせるようなことはありません。その場合は警察にすぐ連絡を」と呼びかける。

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク