中原区版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

緑の基本計画 改定へ 審議会が改定案を答申

社会

新たに保全地域となった杉山神社(多摩区)
新たに保全地域となった杉山神社(多摩区)
 市内の緑を守る「川崎市緑の基本計画」の改定について先月23日、川崎市からの諮問に対して市環境審議会が答申した。

 2018年3月末の改定を目途に、同審議会が次のステージに向けた課題と考え方を市長へ提案。市内にある緑を維持するための目標を「市域面積の30%以上に相当する施策の展開が望ましい」とした。また、基本方針に新しい視点として「まちの価値を高める緑のマネジメントの実行」を加えた。

 川崎市は市域の88%が市街区域のため、土地の開発需要が高く、樹林地や農地は減少傾向にある。そんな市内の緑を守ろうと、川崎市は1995年に「川崎市緑の基本計画」を策定。樹林地や農地、公園緑地、水辺地空間などを定めて、2017年度末までに市域面積の約30%の4400ヘクタールの保全を目標に取り組んできた。2006年時点では約27・5%の3970ヘクタールだったが、2015年度末には約29・7%の4283ヘクタールを達成している。

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク