中原区版 掲載号:2017年5月5日号

市政レポート

イクボス精神で成熟した社会を

自民党川崎市議団副団長 原 典之

 川崎市では今年度、市がめざす都市像やまちづくりに向けた「川崎市総合計画」の第2期実施計画への取り組みが進められています。その中で、働き方・仕事の進め方改革が盛り込まれています。

 現段階の内容としては、「職員の働く環境の整備と意識改革」の中において、

・長時間勤務の是正

・ICTの活用

・メンタルヘルス対策など。

 「多様な働き方改革の推進」においては、

・女性活躍推進、次世代育成支援

・障害者雇用の拡大

・高年齢職員の活用など、とされております。

 その方針として「ワークライフバランスを重点的に進めていく」とありますが、ソーシャル(社会活動・社会貢献)の文言が無いのは何故かと、理事者に質問しました。その回答は「今回初めての取り組みであり、まずは働く環境改善と個人の時間をいかに作るかを考慮した」との内容でした。

 昨年、川崎市はイクボス宣言をし、議会側も、イクボス宣言を応援する決議を全国初で全会一致にて可決しました。イクボスとは上司が部下のワーク(仕事)ライフ(私生活)ソーシャル(社会貢献)をバランスよく過ごすことに理解を示し、上司自らも実践し業績(目標達成)を出していこうとの意味です。

 川崎市も4月24日現在で人口が150万人を突破しました。成熟した社会にするためには、一人一人の心の余裕と遊び心も大切です。子育てに、仕事に、介護にと様々なストレスを抱える現代に対してイクボス精神をこれからどんどんと取り入れ、住みよい社会環境をめざして参ります。

川崎市議会議員 原典之

中原区小杉町2-313

TEL:044-711-5511

http://www.hara-nori.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

防災の基本は、「自らの身の安全は自ら守る」

待機児童ゼロってどういうこと?

市政報告vol.22

待機児童ゼロってどういうこと?

5月12日号

「子どもファーストの社会へ」

ママにとって子育てしやすい環境を!

「子どもファーストの社会へ」

5月12日号

教育環境の施策に満足していますか!!

通学路の交通安全対策を実現

市政レポートNo.87

通学路の交通安全対策を実現

5月5日号

人口急増地域認可保育所の抜本的増設を!

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/