中原区版 掲載号:2017年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告vol.23 待機児童ゼロってどういうこと?(2) 川崎市議会議員 末永 直

 先月、待機児童ゼロ問題について書かせていただいた。問題なのは、2891人も本市に「保留児童」がいる事実だ。この数字から「市の保育施策で対応している児童数等」計1626人や「企業主導型保育対応児童数」2人、「産休・育休中の申請者数」331人、「特定の保育所等を希望する申請者数」752人、「求職活動を休止している申請者数」180人を総じて引くと、ゼロになるルールだ。

 その後の行政とのやりとりで不可解な点が生じた。「育児休業を切り上げて復職を希望することが確認された場合は待機児童に含める」との国の要領があるが、本市はこの点のみカウントに採用していない。本市が国の要領に基づき、産休取得者に保育所に入れれば復職する意思を確認し、カウントするように徹底していれば、「産休・育休中の申請者数」331人はさらに減り、待機児童ゼロではなかったはずだ。

 話は変わるが、別表「保育所等クラス年齢別・延べ待ち人数」(※希望を出した園数)をご覧戴きたい。全市計の0歳児3822人、1歳児9035人、2歳児3206人を合わせると1万6063人、各区合計は1万6833人であるから、約95%が1〜2歳児となる。中原区の0歳児は、全区合計の約50%、1歳児は約38%、2歳児は約35%。ダントツだ。今後とも中原区には超重点区として保育所整備等行うよう要望したい。

 政府は先日、新たに22万人分の保育の受け皿を整備する 「子育て安心プラン」を発表した。0〜2歳児の子を預かる「小規模保育」の普及を進めるなどして、1、2歳児だけで年間5・1万人の受け皿確保を目指す方針だ。本プランは「都市部における高騰した保育園の賃借料への補助」や「国有地、都市公園、郵便局、学校等の余裕教室等の活用」など保育の受け皿拡大にむけて画期的な内容が盛り込まれている。 これをふまえてどのような影響等が想定されるか5月31日の大都市税財政制度調査特別委員会で質問し、本市は「今後しっかりと取組めるよう研究する」と答弁。今後の取組が充実したものになるよう期待したい。

末永直

suenagayuke26@gmail.com

TEL:044-789-5823

http://suenagayuke.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

「仮線高架」工法決定

JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

「仮線高架」工法決定

12月8日号

既存スポーツ施設の有効活用で約570時間の利用拡大

全国市議会議長指定都市協議会政府並びに国への要望について

12月から市内全中学校で完全給食を実施!

丸子地区の浸水対策に感謝!

市政報告vol.29

丸子地区の浸水対策に感謝!

11月10日号

台風や大型災害への備えを

市政レポート

台風や大型災害への備えを

11月3日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク