中原区版 掲載号:2017年7月7日号

演劇集団「ゴミ拾い侍」をプロデュースし、全国で活動の場を広げる

高橋 功さん

下小田中在住 55歳

笑顔広げるプロデューサー

 ○…山高帽にデニムの着流し、懐から刀ならぬトングを抜きゴミ拾いしながらパフォーマンスする集団「ゴミ拾い侍」。一昨年の大晦日、俳優養成所の若者を引き連れ渋谷のスクランブル交差点で初披露して以降、毎週日曜に欠かさず取組む。その風変りな活動がネットでも話題となり、全国の自治体から出張要請が殺到。札幌、東京、先月は中原区にも訪れ、京都の祇園祭にも参加予定だ。循環型社会へ向けた環境省の3R推進大使にも就任。「役者志望の若者の芽を育みながら、多くの人に環境へ関心を持ってほしい」と真剣だ。

 ○…幼い頃、大手芸能プロダクションに所属し子役として活躍。20代の時は歩行者天国で賑わう原宿で、一世風靡セピアなどのアイドルを生んだイベントをプロデュースした。そこで感じたのは「仕掛ける楽しさ」。最近は各種プロモーションを担う企業のリーダーとして、全国に先駆け「まちコン」を企画した。男女の出会いの場の提供だけでなく、地域活性や定住促進という課題解決のため、震災後の東北や横須賀市とも連携。東京ドームで1万人規模のイベントも成功させた。「皆が笑顔になることが幸せ」、昔から変わらぬ思いだ。

 ○…座右の銘は「有言実行」。「実行性をもって行動に移すことが大切」と、下北沢での飲食店経営や衆議院議員選挙への立候補などにつまずいてもその思いはブレない。母の実家・代官山を走る慣れ親しんだ東横線沿線の中原区に身を置いた今も「横になる時間があっても動いている性分」。家族のために、飲食店時代にならした腕で料理をふるまうなど家でもフル稼働だ。

 ○…日本らしさを演出する「ゴミ拾い侍」は、子どもだけでなく外国人からの関心も高い。2020年の東京五輪に向けた仕掛けなど、頭の中では次の一手を考え続ける。「こういう自分になりたいという夢はない。人のため後進のために、道を拓くだけ」。創造性と行動力が止むことは無い。

関連記事powered by weblio


中原区版の人物風土記最新6件

石井 理子さん

釜山国際子供・青少年映画祭で入賞した作品『学校は二度死ぬ』で脚本・監督を務めた

石井 理子さん

7月14日号

吉田 靖さん

川崎市緑化センターの所長に今春就任した

吉田 靖さん

6月30日号

富永 夏子さん

世界でハンセン病の患者などを撮り続けるフォトグラファーの

富永 夏子さん

6月23日号

宮前 尚子さん

中原消防団消防大会の小型ポンプ操法競技に女性で初めて出場した

宮前 尚子さん

6月16日号

小山 均さん

メディアコーディネーターとして川崎市の事業を広報面などからサポートする

小山 均さん

6月9日号

中山 純史(じゅんじ)さん

4月に市民ミュージアムの館長に就任した

中山 純史(じゅんじ)さん

6月2日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/