中原区版 掲載号:2017年7月28日号

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

7月28日0:00更新

 広島に原爆が投下されてから72年目の夏を迎えようとしている。当時の小学生はもう80歳を超える頃だ。被爆体験を伝える語り部の高齢化を受け、広島だけでなく東京などでも伝承者を育成する取り組みが進む。今回取材した川崎市折鶴の会の森政忠雄さんは、そんな貴重な被爆者の語り部だ。現代の子どもたちにその真実を伝えることが、戦争のない世界に一歩近づくと信じている。(有賀)

関連記事powered by weblio


中原区版のあっとほーむデスク最新6件

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

9月8日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

8月11日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

8月4日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

7月7日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月30日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月16日0:00更新

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク