中原区版 掲載号:2017年9月1日号

川崎市

区民会議 休止へ 政治

第6期後、在り方再検討

 区民が主体となり、まちの課題解決に向けて検討する「区民会議」が来年、休止することがわかった。休止時期は、現在活動中の第6期委員が任期満了する来年3月と6月(区によって異なる)。川崎市はその後活動の総括を行い、2019年3月までに再開か廃止かを含めて方針をまとめる予定だ。

◇  ◇  ◇

 区民会議は、区民主体で行政とともに地域課題の解決を目指すことをテーマに2006年から各区でスタート。委員は推薦や公募で集まった約20人。1期2年で委員に就任し、防災や防犯、地域コミュニティ構築などの課題をあげ、調査審議を行ってきた。解決策をまとめて、期ごとに区長に審議結果や対策案を提出する一方で、案の実践や解決のための継続的な取り組みが課題とされていた。

 これを受けて川崎市は区役所改革の一環で、昨年6月に「川崎市共に支え合う地域づくり検討委員会」を発足。区民会議だけでなく、まちづくり推進組織や地域包括ケアシステムの構築もふまえて調査審議。今年3月にまとめた報告書内で、市民が主体となるこれらの組織について「今後、必ずしも既存の区民会議の枠組みを前提とせず(中略)新たなしくみを検討することが必要」と提言していた。

 中原区区民会議ではこれまで、防災、ゴミ問題、交通マナーなどの課題について審議。少しでも実践できるテーマを選び活動に取り組んできた。3期にわたり委員を務める成田孝子委員長は「陳情ではなく、まちのことを行政と話せる有意義な場だったが、中原区は10年で外部からの人口が増え、価値観も多様化している。委員の抽出方法や会議の開催時間などを検討する必要があるが、区民参加型のしくみはあってもよいのでは」と話した。

関連記事powered by weblio


中原区版のトップニュース最新6件

市体育館跡地に10月開館

カルッツかわさき

市体育館跡地に10月開館

9月15日号

新施設 犬猫収容2倍に

市動物愛護センター

新施設 犬猫収容2倍に

9月15日号

土日開放し続け10年

井田小図書館

土日開放し続け10年

9月8日号

おむすび2023人で握ろう

川崎JC

おむすび2023人で握ろう

9月8日号

貧困が学力や意識に影響

市子ども・若者生活調査

貧困が学力や意識に影響

9月1日号

エスカレーター「歩かないで」

川崎市・鉄道事業者

エスカレーター「歩かないで」

8月25日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/