中原区版 掲載号:2017年9月8日号

市政報告vol.26

JR南武線連続立体交差事業の取組について

川崎市議会議員 末永 直

 第6回川崎郷土・市民劇「南武線誕生物語―夢見る男たち」を去る5月19日、エポックなかはらで観た。秋元喜四郎、浅野総一郎両氏をはじめ、大勢の方が南武線を夢描いていた。夢なくして実現なし、である。

 「JR南武線立体交差化PRオープンハウス」説明会が先日、中原区役所や幸市民館で開催された。パネルやジオラマ展示、踏切非常ボタン装置の体験等がイベント内容で、お子様方にも楽しめる。

 さて、中原区内で地域活動をしていると、何人もの方から「南武線の立体交差事業はどうなっているのか?」と尋ねられる。

 昨年の12月議会で、国会で改正踏切道改良促進法が成立し、本市では平成32年までに実施する義務が課されたことを踏まえ、私は「開かずの踏切」の対策や立体化の計画策定に向けた今後の取組や進め方について建設緑政局長に質問し、「法改正の趣旨を踏まえ、地域の皆様への丁寧な説明により理解を深めながら、計画策定に向けて、取り組んで参りたい」との答弁を得た。

 今後の動きだが、現時点では平成30年度をメドに都市計画決定をする予定であり、環境アセスメント等を実施し、事業認可を受け、その後、約5年位をかけて用地買収、10〜15年かけて工事を行う、との見通しだ。

 大きな検討事項として、「構造・工法」の問題がある。現在、選択肢として、【1】仮線高架(買収した用地に電車を走らせ、新設高架橋を建設)【2】仮線高架+直上高架(現在の電車を走らせながら真上に新設高架橋を建設)【3】地下(開削+シールド)の3つが候補として挙げられており、概算事業費として【1】は約1185億円。【2】は【1】の約1・1倍、【3】は【1】の約1・7倍もかかるとのことだ。今のところ、【1】仮高架が「武蔵小杉駅〜尻手駅間の13踏切が除去可能かつ経済性、環境面、計画的条件、地理的条件、地形的条件から総合的に優位」とのこと。地域住民の方々と協議しながら本取組を積極的に進めてもらいたい。

 子供の頃に流行った「悪の十字架」という怪談話があるが、武蔵小杉駅―尻手駅間の踏切は「開くの十時か!?」とツッコミを入れざるを得ない。怪談は笑えるが、「開かずの踏切」 問題は全く笑えない。人身事故等を考えると、むしろ怖い。

末永直

suenagayuke26@gmail.com

TEL:044-789-5823

http://suenagayuke.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

「高齢者が外出をもっとスムーズに楽しむ暮らし」に向けて!!

「想定内」への実践的訓練を

市政レポート

「想定内」への実践的訓練を

9月1日号

地域の交通安全対策を実現(続編)

市政レポートNo.91

地域の交通安全対策を実現(続編)

8月25日号

教育は日本を築く礎

市政報告

教育は日本を築く礎

8月25日号

子どもの体力向上に、さらなる取組みを!!

来年、夏の甲子園(第一〇〇回記念大会)、神奈川県より2校出場決定!

川本学が県議会本会議において質問し、 県政報告Vol.5

来年、夏の甲子園(第一〇〇回記念大会)、神奈川県より2校出場決定!

8月18日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/