中原区版 掲載号:2017年9月8日号

お菓子作りで区民交流 社会

小学生ら27人参加

協力してお菓子を作る子どもたち
協力してお菓子を作る子どもたち
 きなこ棒やいそべだんご、塩水ようかんなどの懐かしいお菓子を作る講座が先月23日、中原市民館の料理室で開催され、区内の小学生27人が参加した。子どもたちは各班にわかれ、だんごをこねたり、材料を混ぜたりと真剣なまなざしで作業を進めた。

 主催したのは、市民活動を支援する中原区まちづくり推進委員会のプロジェクト「まちづくりサロン」。区民の交流の場づくりの一環として、また、区内で活動する約200団体の紹介もかねて、定期的に催しを開催している。

 今回講師となったのは、中原区食生活改善推進員連絡協議会のメンバーら。手の洗い方から調理の順番まで、手際よく指導した。

 親子で参加した福居実珠さん(10)は「パティシエになりたくて参加した。お団子を丸めるのが楽しかった」と話した。母の栄子さん(46)は「クッキーやケーキはよくあるけど、和菓子だったので興味がわいた。なかなかない機会なので、楽しみたい」と話していた。

関連記事powered by weblio


中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク