中原区版 掲載号:2017年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

小杉陣屋町二丁目遺跡 側溝から渡来銭出土 見学会に60人

文化

建築物の基礎と思われる木の杭が残る遺跡現場
建築物の基礎と思われる木の杭が残る遺跡現場

 小杉陣屋町二丁目遺跡で9月2日、調査成果について現地見学会が行われた。約60人が参加し、調査を担当する教育委員会の学芸員新井悟さんの解説に耳を傾け、人々が往来する近世の中原街道に思いを馳せた。

 この発掘調査は、川崎市が進める中原街道整備事業に先立ち、今年7月27日から行われていた。遺跡からは、現在の中原街道にほぼ並行する1本の溝跡が検出された。新井さんによると、これは道路の側溝だったものと考えられるという。さらにこの側溝から中国の渡来銭が出土したため、この溝が埋まった年代を特定。日本独自の貨幣である「寛永通宝」が流通する以前の、中世末から江戸初期である可能性が高いという。近世初期に中原街道沿いに道が存在したことがわかったのは大きな成果だとしている。

 見学会に参加した羽田猛さん(82)は「古代の街道についてはいろいろな議論があってよいと思う。今回、街道から南側の調査が進んで良かった」と話していた。

 新井さんは「中原街道は川崎市の歴史を紐解く上でも重要な役割を持つ。今回の成果が古代の街道の手がかりになれば」と話した。
 

中原区版のローカルニュース最新6件

川崎F優勝に喜びの声

地域貢献コンサート、華やかに

(株)サンフォニックス

地域貢献コンサート、華やかに

12月8日号

全52校でスタート

中学校給食

全52校でスタート

12月8日号

全国表彰を受賞

大戸小PTA

全国表彰を受賞

12月8日号

区内も初優勝に歓喜

園児ら40人と花植え

中丸子南緑道緑を守る会

園児ら40人と花植え

12月8日号

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク