麻生区版 掲載号:2016年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

インフルエンザ

今年は流行早めか 社会

川崎市が注意喚起

 インフルエンザ疾患による学級閉鎖などの報告数が9月中旬以降、全国的に増加する中、川崎市でも10月17日、麻生区内の小学校1校で学級閉鎖の報告があり、発生状況も昨年よりも高い数値で推移している。市は「例年に比べ、流行が早まるのではないか」と注意喚起している。

 市内のインフルエンザ患者報告数は、今年9月12日〜9月18日の間に15人(昨年同時期は0人)を記録したのを皮切りに、9月26日〜10月2日の間には19人に達したほか、10月3日〜9日に10人(昨年同時期は0人)、10月10日〜16日に9人(昨年同時期は5人)と高いレベルで推移。インフルエンザは、例年12月から3月ごろに流行し、1月から2月にピークを迎えるが、年によっては流行の開始が早くなることもあるという。

 川崎市健康安全研究所は「昨年よりも定点あたり報告数も多い状況から、早めの流行も推測できる。今年は夏場の発生状況が通常と違った感覚だったため、冬場もしっかりと見ていかなくてはならないと考えている。予防接種などの対策を早めに検討していただきたい」としている。

 インフルエンザワクチンは、2015・2016年シーズンからA型2種・B型2種の計4種類を含んだものが導入されている。A型2種は2009年以降の流行株「A/H1N1亜型」と、いわゆるA香港型「A/H3N2亜型」。B型は山形系統、ビクトリア系統。同研究所は「まだ検体数が少ないため、詳細はわからないが、A型の発症が増えるかもしれない」と予測している。そのほか、外から帰ってからの手洗い、うがいの徹底、人ごみを避けることや、マスクの着用などの予防を呼びかけている。

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

食育推進に987万円

川崎市補正予算

食育推進に987万円

10月20日号

しんゆりに交流拠点開設

地元商店会と街づくり財団

しんゆりに交流拠点開設

10月20日号

若手農家 市民と意見交換

かわさき農業サミット

若手農家 市民と意見交換

10月13日号

新定義導入で 増加へ

川崎市待機児童

新定義導入で 増加へ

10月6日号

「新ゆり―溝口」に新路線

市バス

「新ゆり―溝口」に新路線

10月6日号

全8団で定員割れ

川崎市内消防団

全8団で定員割れ

9月29日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

29日からしんゆり映画祭

29日からしんゆり映画祭

中野量太監督らも登場

10月29日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第110回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(5)〜増上寺領王禅寺

    10月20日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク