麻生区版 掲載号:2017年1月1日号

育てる 伝える 麻生の魅力

川崎市議会議員 おいぬま純

 平成28年川崎市では、中学校完全給食の導入、小児医療費助成の拡充、待機児童の解消に向けて、子ども施策が推進されて参りました。また、地域包括ケアシステムの構築、中小企業活性化条例の制定など、様々な課題に対しての取組も始まりました。平成29年はその取組が実を結ぶための、大きな一歩を踏み出す1年となって参ります。

自然災害対策

 昨年の熊本地震、鳥取県中部地震などに見られるように、改めて我が国は「地震大国」であることを私たちは痛感しています。また、台風の発生時期・通過ルートも異常と感じられ、この冬も爆弾低気圧等による大雪への備えも必須であります。備蓄倉庫や避難所の整備等を進める「公助」、地域における避難訓練などの「自助・共助」については連携シミュレーションを行うことを推進します。よりよい取組は情報交換・共有することが大切です。また、広い視点で見ますと、被災地の復興は全国各地からのボランティア・企業団などの受け入れ体制整備が必要になってきます。事業進行中の都市計画道路(世田谷町田線、尻手黒川線等)は緊急物資輸送道路ともなるため、安全確保の視点からも早期完成を推進します。

待機児童対策

 昨年は保育サービスの利用申請者は約2万8千人。本年4月には約3万人に達すると予測されています。川崎市は認可保育所・小規模保育等の新設による約1500人の定員増をはじめ、各施策実施による約1800人分の定員増を予定し、保育受け入れ枠の拡充が進んで参ります。

新百合ヶ丘駅周辺整備

 本年3月末完成予定にて南口広場が整備されます。一般車とタクシーの動線整備、身体障害者乗降場のさらなるバリアフリー化、「もっと便利に、もっと安全に」を実現すると共に、将来に向けた課題解決が図られて参ります。

都市農業の振興

 川崎市農業振興計画の策定を受け、平成28年より「新規就農者(担い手)確保」「新技術開発に向けた産学官連携」等の事業化など、新しい取組が開始されました。他にも「農」と触れ合うイベントの開催、農業が食農教育、環境学習の場となるなど、大きな展開を見せています。

 特に、本年9月(麻生区は12月)より開始予定の中学校完全給食に対し、市内産農産物「かわさきそだち」の食材提供を実践するための仕組みづくりを推進します。生徒が口にする食材に関し、生産者の顔が見える安心感を得ることが保護者の方の安心につながります。 都市農業を市民の皆様にさらにご理解いただき、永きにわたり存続し、麻生区の大きな魅力として発展し続けられるよう、さらなる振興に努めて参ります。

おいぬま純

川崎市麻生区王禅寺東6-11-16-201

TEL:044-987-3270

http://www.jun-oinuma.com

麻生区版の意見広告・議会報告最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門医の医療講座

専門医の医療講座

横浜総合病院が無料開催

5月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第101回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(1)〜士農分離 前編

    5月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/