麻生区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

地下鉄延伸 新ゆり整備絡め具体化へ 「川崎にもメリットある計画に」

経済

 横浜市と協議してきた横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘駅までの延伸について、川崎市は新百合ヶ丘周辺のまちづくりと併せて17年度から改めて検討を進めていく。現在開会中の市議会で明らかにした。

横浜市が18年度末に判断

 横浜市営地下鉄の延伸に関してはこれまでも横浜市と連携、調査が行われてきたが、昨年4月に国交省による交通政策審議会が「両市が協調して、費用負担のあり方や事業主体等を含めた事業計画について、合意形成を進めるべき」と、地下鉄の延伸についての課題を公表。これを受けるかたちで横浜市交通局はこのほど、事業候補者としての立場から2018年度末までに事業化を判断する考えを示した。川崎市も17年度予算案として今議会で「総合都市交通計画推進事業費」(約1500万円)から約1000万円を延伸に関わるまちづくり調査費として計上している。

 川崎市まちづくり局交通政策室は地下鉄の延伸に関して「横浜市の今後の判断がターニングポイントとなるが、延伸が実現すれば新百合ヶ丘が首都圏を結ぶターミナル機能を担うことになり、その立場も変わってくる。一方で駅周辺の交通渋滞など、今でも課題に上っていることはあるので、新百合ヶ丘周辺の将来のまちづくりとセットで横浜市との共存共栄を考えていきたい」と話す。

 今後についても「交通政策審議会の答申や横浜市の具体的な考えも明らかになり、地下鉄延伸にスケジュール感が出てきた。引き続き横浜市の調査に情報やデータ提供で連携していく。税金を使うことなので、川崎市にもメリットのある計画になるよう協議していく」と話している。

 横浜市営地下鉄の延伸は現在の終点あざみの駅からすすき野付近を通り、新百合ヶ丘駅まで約6Kmを結ぶ計画。事業化すれば川崎市北部と横浜市が結ばれることになり、広域的な首都圏の鉄道ネットワークを担う路線となる。災害時に輸送障害が発生した際の代替経路となることや、川崎北部や東京都多摩地域と横浜が繋がることで新横浜や羽田空港へのアクセス向上も期待されている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新庁舎 25階建てに

川崎市

新庁舎 25階建てに

12月15日号

緑化・保全計画改定へ

川崎市

緑化・保全計画改定へ

12月15日号

川崎F、奇跡の逆転初V

30年間の空き地を利活用

課題踏まえ 再度運行実験

岡上西コミュニティ交通

課題踏まえ 再度運行実験

12月1日号

待機児童374人、3倍超

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプ集め福引き挑戦

百合丘中央商店会

スタンプ集め福引き挑戦

抽選は23、24日

12月1日~12月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第114回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 後編

    12月15日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第113回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 前編

    12月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク