麻生区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

新ゆり―溝口駅間

市バス路線新設へ 社会

北部地域の利便性求め

 現在開会中の市議会定例会で審議されている平成29年度川崎市予算案に、市バス路線の新設や延伸、コミュニティバス導入を探るための予算が計上されている。中には、「新百合ヶ丘駅」―「溝口駅」路線の新設も盛り込まれている。

 新年度予算案には市バスネットワークの推進事業として5566万8千円が計上された(交通局所管)。

 中でも「新百合ヶ丘駅」―「溝口駅」間の新設路線は、麻生区民の交通手段として期待できそうだ。「二つの拠点駅を結ぶことで、北部地域の利便性や輸送力の強化をしたい考え」と市交通局の担当者は話す。現状、両駅を直通で結ぶバス路線はなく、電車で新百合ヶ丘駅から溝口駅へ向かうには、登戸駅で小田急線から南武線への乗り換えが必要なため、直通運行となればアクセス向上に期待できる。

 現在行われている市議会で予算承認された後、運行ルートや便数、ダイヤなど具体的な部分を詰めていくという。

市内で延伸や本格運行も

 そのほかにも、現在「登戸駅」から「菅生車庫」まで運行している路線の「宮前区役所」までの延伸や、昨年度社会実験を実施した「向ヶ丘遊園駅」と「たまプラーザ駅」を結ぶ路線の本格運行推進―などが新年度予算案に盛り込まれている。

 「宮前区役所」までの延伸では、宮前区北部から区役所に行く場合、現状では向ヶ丘出張所などで乗り換える必要があったが、これにより乗り換えなしで行けるようになる。

 「向ヶ丘遊園駅」―「たまプラーザ駅」間については、市は「実証実験では利用者数等採算基準を設けたが、まずまずの結果が得られた」とし、現在共同運行する東急バス(株)と本格実施に向けた最終的な話し合いを行っている段階という。

 また、宮前区の白幡台地区の「コミュニティ交通導入に向けた支援」も予算案に含まれている。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

若手農家 市民と意見交換

かわさき農業サミット

若手農家 市民と意見交換

10月13日号

新定義導入で 増加へ

川崎市待機児童

新定義導入で 増加へ

10月6日号

「新ゆり―溝口」に新路線

市バス

「新ゆり―溝口」に新路線

10月6日号

全8団で定員割れ

川崎市内消防団

全8団で定員割れ

9月29日号

住宅地で2年連続下落

基準地価麻生区

住宅地で2年連続下落

9月29日号

初出場で関東大会へ

桐光中合唱部

初出場で関東大会へ

9月22日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク