麻生区版 掲載号:2017年3月17日号

新ゆり―溝口駅間

市バス路線新設へ 社会

北部地域の利便性求め

 現在開会中の市議会定例会で審議されている平成29年度川崎市予算案に、市バス路線の新設や延伸、コミュニティバス導入を探るための予算が計上されている。中には、「新百合ヶ丘駅」―「溝口駅」路線の新設も盛り込まれている。

 新年度予算案には市バスネットワークの推進事業として5566万8千円が計上された(交通局所管)。

 中でも「新百合ヶ丘駅」―「溝口駅」間の新設路線は、麻生区民の交通手段として期待できそうだ。「二つの拠点駅を結ぶことで、北部地域の利便性や輸送力の強化をしたい考え」と市交通局の担当者は話す。現状、両駅を直通で結ぶバス路線はなく、電車で新百合ヶ丘駅から溝口駅へ向かうには、登戸駅で小田急線から南武線への乗り換えが必要なため、直通運行となればアクセス向上に期待できる。

 現在行われている市議会で予算承認された後、運行ルートや便数、ダイヤなど具体的な部分を詰めていくという。

市内で延伸や本格運行も

 そのほかにも、現在「登戸駅」から「菅生車庫」まで運行している路線の「宮前区役所」までの延伸や、昨年度社会実験を実施した「向ヶ丘遊園駅」と「たまプラーザ駅」を結ぶ路線の本格運行推進―などが新年度予算案に盛り込まれている。

 「宮前区役所」までの延伸では、宮前区北部から区役所に行く場合、現状では向ヶ丘出張所などで乗り換える必要があったが、これにより乗り換えなしで行けるようになる。

 「向ヶ丘遊園駅」―「たまプラーザ駅」間については、市は「実証実験では利用者数等採算基準を設けたが、まずまずの結果が得られた」とし、現在共同運行する東急バス(株)と本格実施に向けた最終的な話し合いを行っている段階という。

 また、宮前区の白幡台地区の「コミュニティ交通導入に向けた支援」も予算案に含まれている。
 

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6件

市民自主4事業が決定

民間ドローン 有事に活用

名作舞台 母から娘へ

劇団民藝八木橋さん

名作舞台 母から娘へ

4月14日号

民間公募で建替えへ

高津合同庁舎

民間公募で建替えへ

4月14日号

都市農業に新たな価値を

JAセレサ川崎20周年

都市農業に新たな価値を

4月7日号

商業地の上昇続く

公示地価麻生区

商業地の上昇続く

4月7日号

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まち歩きで地元店の魅力PR

まち歩きで地元店の魅力PR

親子向け企画 30日に

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第99回 シリーズ「麻生の歴史を探る」沢山城と七面山 前編

    4月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/