麻生区版 掲載号:2017年4月14日号

高津合同庁舎

民間公募で建替えへ 経済

県税事務所はKSPに仮移転

現在の高津合同庁舎
現在の高津合同庁舎

 高津区溝口の「高津合同庁舎」が老朽化のため建替えられることになった。土地を民間に事業用定期借地権で貸し付け、再整備される複合施設の一部を県が借り上げる。2019年秋の供用開始をめざし、現庁舎に入る高津県税事務所とかながわ労働センター川崎支所は今年9月にかながわサイエンスパーク(KSP)に一時仮移転することになった。

 高津合同庁舎(溝口1の6の12)は1971年に建設された。同庁舎は2004年の耐震診断で要大規模補強と診断され、県有施設の集約に取り組む県は庁舎隣りの川崎市生活文化会館(てくのかわさき)との合築を12年度から検討してきたが、市との整備スケジュールが合わず断念。14年度からは民間活力を活用した再整備を検討してきた。

 再整備は、公募提案方式で民間事業者を決定し、庁舎のある県有地に30年間の事業用定期借地権を設定する。そして、事業者が新たに整備する複合施設の一部を県が借り上げ、県税事務所などが戻る。

 現庁舎の解体や複合施設の整備等は民間事業者が負担。県は土地の貸付料収入で複合施設の賃料を賄う形で、建替えや入居にともなう県の負担実質ゼロをめざす。県が事務庁舎の土地に事業用定期借地権を設定してこのような形で再整備を行うのは初めて。県内には老朽化の進んだ県有施設がほかにも多くあり、県担当者は「県費抑制のため、今後も民間活力を活用した再整備を積極的に検討していきたい」と話す。新たに整備される複合施設は商業施設などを見込んでいる。

KSPへ仮移転

 再整備にともない、高津県税事務所とかながわ労働センター川崎支所は今年9月末をめどにKSPイノベーションセンタービル西棟(高津区坂戸3の2の1)に仮移転する。県税事務所は高津区のほか、中原区、宮前区、多摩区、麻生区を所管する。

 再整備のスケジュールは、今年8月に優先交渉者を決定して10月に事業契約を締結。11月から現庁舎の解体など事業に着手し、19年10月末の複合施設供用開始と県税事務所などの再移転を想定している。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

就労支援に居場所づくり

子どもの貧困シンポ

就労支援に居場所づくり

7月21日号

地元野菜で地域愛を育む

「母なる川」魅力伝え15年

多摩川エコミュージアム

「母なる川」魅力伝え15年

7月14日号

星空の魅力 気軽に誰でも

授産学園天体観測室

星空の魅力 気軽に誰でも

7月14日号

川崎 激戦東地区に

プロバスケBリーグ

川崎 激戦東地区に

7月7日号

ヘイトとの闘い 本に

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「鳥人間」目指す青春映画

イオンシネマ新百合ヶ丘

「鳥人間」目指す青春映画

8月24日に試写会

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第105回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(3)〜検地(お縄内水帳) 前編

    7月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/