麻生区版 掲載号:2017年6月9日号

川崎市臨海部シンポジウム

発展持続を考える 社会

6月21日 参加者募集中

 川崎市では6月21日(水)に開催する『川崎臨海部の30年後を考えるシンポジウム』の参加者を募集している。会場は市産業振興会館1階ホール。時間は午後3時から5時。参加費は無料で定員は200人(先着順)。6月15日(木)締切。申し込みは臨海部国際戦略本部ホームページ(川崎市臨海部ビジョンシンポジウムで検索)などで受け付ける。

 川崎市では、生命科学、環境分野の産業地域として注目される臨海部が、長く発展を続ける地域であるために、30年後を見据えた将来像と、その実現を目指す『(仮称)臨海部ビジョン』を策定している。今企画ではこのビジョンの解説や、策定作業の一環の識者によるディスカッションを行う予定だ。

 進行は東京都市大学特別教授の涌井史郎氏、パネリストは東京理科大学大学院教授橘川武郎氏、東京工業大学教授中井検裕氏、昭和女子大学名誉理事平尾光司氏、JXTGエネルギー常務執行役員川崎製油所長藤井文人氏、慶応義塾大学ウェルビーイング研究センターリサーチコンプレックス推進プログラムオーガナイザー服部恵子氏が務める。

 シンポジウムに関する問い合わせは市臨海部事業推進部(【電話】044・200・3634)へ。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

不登校支える活動に広がり

サッカーS級資格に挑戦

市立川崎高 小坂教諭

サッカーS級資格に挑戦

6月23日号

県指導会で救助技術披露

市消防局古賀さん

県指導会で救助技術披露

6月23日号

外国人住民に子育てキット作成

再整備で通行スムーズに

新百合ヶ丘駅南口広場

再整備で通行スムーズに

6月23日号

夏休みに映画作り

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新電力企業を知る催し

新電力企業を知る催し

麻生区役所で7月1日

7月1日~7月1日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第104回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 後編

    6月23日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第103回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 前編

    6月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/