麻生区版 掲載号:2017年6月9日号

川崎市内児童虐待

相談・通告件数 過去最多に 社会

麻生区 前年度から54件増

 川崎市内にある3カ所の児童相談所で受けた2016年度の児童虐待相談・通告件数が2千件を超え、過去最多を更新した。15年度に比べ214件の増加となった。

 区別で見ると最多が川崎区の538件で、中原区351件、高津区292件、幸区282件、宮前区241件、多摩区224件、麻生区199件と続く。麻生区は件数でみると最少だが、前年度と比較すると54件の増加となり、伸び率は137%となり、7区の中で最も高い結果となった。

通告の認識向上と増加する心理的虐待

 今回発表された児童虐待相談・通告件数は16年度に市内3カ所の児童相談所(こども家庭センター、中部児童相談所、北部児童相談所)で受けたものの合計。その後の調査で虐待の事実が無かったものも含まれるが、川崎市では「虐待は増加していると感じられる」との認識を持つ。

 15年度に比べ200件以上の増加を見せたことに対して市では、通告義務の認識が市民の中で高まったことを一因としてあげる一方、直接的な虐待の他、夫婦間の激しい言い争いや暴力を目撃することで心に傷を負う「心理的虐待」への相談・通告件数が急増していることも指摘する。

 心理的虐待の前年度比は188件増で、身体的(36件増)、性的(3件増)、ネグレクト(13件減)と比べ大きな伸びを示している。また件数も1237件と全体の半数以上を占め、ほかの虐待と比べて非常に多くなっている。

 児童虐待防止に市担当者は「まず子育てに関して独りで悩まないこと。関係機関の相談窓口を積極的に活用してほしい。一方で地域では悩みを聞いてあげられる関係づくりや子どもたちの変化を見逃さない見守りの目をもってほしい」などと話した。

 虐待を見聞きした際の通報や相談は北部児童相談所(【電話】044・931・4300)が受け付けている。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

不登校支える活動に広がり

サッカーS級資格に挑戦

市立川崎高 小坂教諭

サッカーS級資格に挑戦

6月23日号

県指導会で救助技術披露

市消防局古賀さん

県指導会で救助技術披露

6月23日号

外国人住民に子育てキット作成

再整備で通行スムーズに

新百合ヶ丘駅南口広場

再整備で通行スムーズに

6月23日号

夏休みに映画作り

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新電力企業を知る催し

新電力企業を知る催し

麻生区役所で7月1日

7月1日~7月1日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第104回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 後編

    6月23日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第103回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 前編

    6月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/