麻生区版 掲載号:2017年6月9日号

高石在住笠原秋水・逍汀夫妻

「寿」重なり初の二人展 文化

書道での自己表現追求

メイン作品「川の流れのように」の前に立つ笠原夫妻。約3カ月をかけ、書き上げられた大作
メイン作品「川の流れのように」の前に立つ笠原夫妻。約3カ月をかけ、書き上げられた大作
 区内高石在住の書家 笠原秋水さん(80・秋水書道会主宰)・逍汀さん(77)夫妻が、それぞれ「傘寿」、「喜寿」を迎えたことを記念し、初となる二人展をミューザ川崎で先月31日から6月5日まで開催した。

 「『寿』が重なるなんて、他にない年だ。二人展をやろう」と思い立ったのがきっかけだった。

 秋水さんは大学卒業後、秋水書道会を立ち上げ、小学校の教諭としても長沢小や中原小などで教鞭をとった。現在では書団「凌雲社」副会長も務め、地域では「麻生区文化祭」や「アルテリッカしんゆり」への作品展示、年始に開かれている恒例の「あさお七草粥の会」での席書を行っている。

 逍汀さんとは高校時代の書道部の先輩、後輩の間柄で、約60年前の秋水書道会の立ち上げ当初から、ともに会を支えてきた。現在、同会には約40人の会員がおり、昨年まで24回にわたり、「秋水書道展」をアートガーデンかわさきやミューザ川崎で開き、会員らの作品を展示してきた。

言葉を表す書

 秋水会書展のテーマは、「こころを言葉に ことばを書に」。自分の言葉を探し、自己を常に見つめ、書を通して自己表現していく。今回二人展のメイン作品となった秋水さん作の「川の流れのように」(秋元康作詞)は、この曲を歌った美空ひばりさんが先月29日に生誕80年を迎えたこともあり、辿りついたものだという。箱根町の千条(ちすじ)の滝をスケッチし、「滝の流れのように言葉を当てはめていった。自分の80年を千条の滝に重ね合わせて流し、『川の流れのように』に当てはめていった」と語る。

「わかりやすく庶民派感覚で」

 今回秋水さんが展示した約20作も、逍汀さんによる約25作も、「漢詩だけでは、読めない人もいる」と、平仮名を交え書かれたものが多く披露された。秋水さんは「わかりやすく、庶民派感覚で吸収してくれたら嬉しい。今後も、人々にわかる言葉で表現して、共感していただける方がいたら、これ以上嬉しいことはない」と話す。

 逍汀さんは「多くの方に来ていただき、色々な出会いがあり、何十年ぶりかに会う人もいて、開催してよかった」と語った。

 恒例の「秋水書道展」は今後も開催していく予定だという。

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

夏に初の市民館開催

芸術のまちコンサート

夏に初の市民館開催

8月18日号

川崎に卓球 新拠点

木下グループ

川崎に卓球 新拠点

8月18日号

夏のBBQ、楽しみ方は

山の魅力 市民に発信

川崎市山岳協会

山の魅力 市民に発信

8月11日号

洪水マップ 13年ぶり更新

国の支援で空き家対策促進

小田急、JA信連川崎市

国の支援で空き家対策促進

8月4日号

任せて安心セレモニアグループ

市内7区に9施設、信頼の葬儀でシェアNO.1

http://www.ceremonia.co.jp/sousai/index.php

「バンバンなら私もいける!」

本店・ブラッサム・ポラリス・向ヶ丘店―バンバングループに新台一挙23機種登場

http://www.prime777.co.jp/

川崎ブレイブサンダース

ホーム戦をお得に楽しめるシーズンシート・パッケージチケット販売中!詳細はHP

https://kawasaki-bravethunders.com/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年ははるひ野で

野外上映会

今年ははるひ野で

9月2日に2本立て開催

9月2日~9月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/