麻生区版 掲載号:2017年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

高石在住笠原秋水・逍汀夫妻

「寿」重なり初の二人展 文化

書道での自己表現追求

メイン作品「川の流れのように」の前に立つ笠原夫妻。約3カ月をかけ、書き上げられた大作
メイン作品「川の流れのように」の前に立つ笠原夫妻。約3カ月をかけ、書き上げられた大作
 区内高石在住の書家 笠原秋水さん(80・秋水書道会主宰)・逍汀さん(77)夫妻が、それぞれ「傘寿」、「喜寿」を迎えたことを記念し、初となる二人展をミューザ川崎で先月31日から6月5日まで開催した。

 「『寿』が重なるなんて、他にない年だ。二人展をやろう」と思い立ったのがきっかけだった。

 秋水さんは大学卒業後、秋水書道会を立ち上げ、小学校の教諭としても長沢小や中原小などで教鞭をとった。現在では書団「凌雲社」副会長も務め、地域では「麻生区文化祭」や「アルテリッカしんゆり」への作品展示、年始に開かれている恒例の「あさお七草粥の会」での席書を行っている。

 逍汀さんとは高校時代の書道部の先輩、後輩の間柄で、約60年前の秋水書道会の立ち上げ当初から、ともに会を支えてきた。現在、同会には約40人の会員がおり、昨年まで24回にわたり、「秋水書道展」をアートガーデンかわさきやミューザ川崎で開き、会員らの作品を展示してきた。

言葉を表す書

 秋水会書展のテーマは、「こころを言葉に ことばを書に」。自分の言葉を探し、自己を常に見つめ、書を通して自己表現していく。今回二人展のメイン作品となった秋水さん作の「川の流れのように」(秋元康作詞)は、この曲を歌った美空ひばりさんが先月29日に生誕80年を迎えたこともあり、辿りついたものだという。箱根町の千条(ちすじ)の滝をスケッチし、「滝の流れのように言葉を当てはめていった。自分の80年を千条の滝に重ね合わせて流し、『川の流れのように』に当てはめていった」と語る。

「わかりやすく庶民派感覚で」

 今回秋水さんが展示した約20作も、逍汀さんによる約25作も、「漢詩だけでは、読めない人もいる」と、平仮名を交え書かれたものが多く披露された。秋水さんは「わかりやすく、庶民派感覚で吸収してくれたら嬉しい。今後も、人々にわかる言葉で表現して、共感していただける方がいたら、これ以上嬉しいことはない」と話す。

 逍汀さんは「多くの方に来ていただき、色々な出会いがあり、何十年ぶりかに会う人もいて、開催してよかった」と語った。

 恒例の「秋水書道展」は今後も開催していく予定だという。

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

若手農家 市民と意見交換

かわさき農業サミット

若手農家 市民と意見交換

10月13日号

新定義導入で 増加へ

川崎市待機児童

新定義導入で 増加へ

10月6日号

「新ゆり―溝口」に新路線

市バス

「新ゆり―溝口」に新路線

10月6日号

全8団で定員割れ

川崎市内消防団

全8団で定員割れ

9月29日号

住宅地で2年連続下落

基準地価麻生区

住宅地で2年連続下落

9月29日号

初出場で関東大会へ

桐光中合唱部

初出場で関東大会へ

9月22日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク