麻生区版 掲載号:2017年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第103回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 前編

 天正十八年(1590)江戸に入った徳川家康は城下町を拓き、江戸近郊に徳川恩顧の家臣に知行地を与え旗本領とし、検地を実施、慶長八年(1603)徳川幕府開設時には確固たる幕藩体制を敷いております。

 右記の表は、村上直氏著「江戸近郊農村と地方巧者」よりお借りしたものですが、同書や新編武蔵風土記稿、川崎市史などを参考にして、現麻生区内村々の領主(知行主)を少し詳しく調べてみると次のとおりです。なお知行高とは村の石高で、各領主は個別に石高に応じての年貢の決定・徴収権、領民使役などの領主権を持っていたといわれます。

 黒川の駒井右京は元武田家臣で大坂の陣で戦功を立て、多摩・高座郡にも知行地を持っていました。孝三郎はその子孫でしょうが、幕末知行高の激増が注目されます。栗木の岡野平兵衛は栗木林清寺の開基で、元北条家臣から徳川氏の恩顧を受け、長津田・甲斐にも知行地を持つ1500石の旗本だったようです。万福寺の天野孫左衛門は徳川譜代の家臣で、隣村の坂浜・蓮光寺そして入間郡や葛飾郡にも知行地を持つことから、天野氏知行の中心は万福寺ではなさそうです。椿井喜之助は織田信長家臣の子で、寛永四年(1627)家光のお小姓組に列せられ、金程・細山・下麻生にも知行地を与えられています。

【次回へ続く】

麻生区版のコラム最新6件

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

12月15日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

12月8日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

12月1日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

11月24日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

11月10日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

10月20日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプ集め福引き挑戦

百合丘中央商店会

スタンプ集め福引き挑戦

抽選は23、24日

12月1日~12月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第114回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 後編

    12月15日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第113回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 前編

    12月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク