麻生区版 掲載号:2017年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

災害時に害虫駆除 社会

県協会 川崎市と協定

活動について話す山口会長(中央)
活動について話す山口会長(中央)
 有害生物の駆除等を行う専門技術者で組織する「公益社団法人神奈川県ペストコントロール協会」が今月、川崎市と災害時の防疫活動に関する協定を締結。9日に福田紀彦市長と協定書を交わした。

 同団体にはネズミや蚊、ゴキブリなど人間にとって厄介な生物を指す「ペスト」に対し、防除や感染症対策を行う消毒業者などが加盟。今回の協定により、市内の災害時に被災場所の衛生管理や感染症防止を目的に、市が消毒や害虫駆除のため出動を要請できる。

 災害時の協定は県内で横浜市、愛川町に次いで3地区目。山口健次郎会長は「県民の安全を守るために、感染症予防について何かあれば駆けつける体制を整えておく」と強調。福田市長は「梅雨や夏季に大きな災害が起きたら、感染症など二次災害への対応が重要」と協力を呼びかけた。

 県協会は全国約900社による日本ペストコントロール協会の神奈川地区の組織にあたり、県内77社、川崎市内13社が加盟する。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク