麻生区版 掲載号:2017年6月16日号

ブレイブサンダース

感謝祭にファン集う スポーツ

400人、選手と交流

辻直人選手(中央)らとゲームを楽しむ参加者=10日
辻直人選手(中央)らとゲームを楽しむ参加者=10日
 プロバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースによるファン感謝祭が今月10日、東芝小向体育館(幸区)で開催された。

 ファンクラブ会員限定の同イベントには、主催者によると親子連れなど約400人が参加。フリースロー対決などゲームや、選手のサイン会が行われた。幸区から家族と訪れた男性は「選手とのふれあいができて楽しかった。感謝祭以外でも身近に接する機会が増えると嬉しい」と笑顔を見せた。

 旧東芝レッドサンダース時代からのファンという、都内在住の長本典之さん(29)は「老若男女で楽しめるイベントになっていてよかった」と話し、「企業のバスケ部からプロ化して、ホーム戦の観客数が気になっていた。決勝では栃木との差が出たので、駅への横断幕とか、川崎にバスケがあることをもっと知ってもらえるといい」と胸中を語った。

来季の優勝誓う

 7日には、チームを運営するTBLSサービス(株)の荒木雅己社長と北卓也ヘッドコーチ、篠山竜青主将が市役所を訪問。福田紀彦市長に今季の準優勝を報告し、それぞれ意見や思いを交わした。

 福田市長は「シーズンを通して川崎を盛り上げてくれたことに感謝したい。決勝では最後まで諦めない姿勢に感動した」と振り返り、荒木社長は「会場に栃木ファンが多かったことには、次への課題として責任を感じた。市民に愛されるチームづくりを進める」と語気を強めた。篠山選手は「次こそ優勝して川崎を元気にしたい。開幕までの期間を大切に、もっと認知度を上げていく」と語った。

Tシャツにサインし、福田市長に贈る篠山選手(左)=7日
Tシャツにサインし、福田市長に贈る篠山選手(左)=7日

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

不登校支える活動に広がり

サッカーS級資格に挑戦

市立川崎高 小坂教諭

サッカーS級資格に挑戦

6月23日号

県指導会で救助技術披露

市消防局古賀さん

県指導会で救助技術披露

6月23日号

外国人住民に子育てキット作成

再整備で通行スムーズに

新百合ヶ丘駅南口広場

再整備で通行スムーズに

6月23日号

夏休みに映画作り

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新電力企業を知る催し

新電力企業を知る催し

麻生区役所で7月1日

7月1日~7月1日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第104回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 後編

    6月23日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第103回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 前編

    6月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/