麻生区版 掲載号:2017年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市将来人口推計

想定上回り増加加速 社会

2030年ピーク 158万人超

区別の川崎市将来人口推計(5月25日発表)
区別の川崎市将来人口推計(5月25日発表)
 川崎市は先月25日、将来人口推計を発表した。2014年8月に公表した前回の推計結果を上回るペースで増加が見込まれている。中原区などで相次ぐマンション開発や、主要駅周辺を中心とした拠点開発、周辺地域への波及などが要因とみられる。

 前回の推計結果では、2030年をピークに約152・2万人となる想定だったが、一昨年の国勢調査結果で前回推計を上回るペースで人口増加が続いていることが明らかになり、また今年4月にすでに150万人を超えたことから、市は総合計画第2期実施計画の策定などに向け、改めて人口推計を行った。結果、ピークは前回同様30年だったが、人口ピーク値は前回を上回る約158・7万人となった。ピーク後は、死亡数から出生数を減じた数「自然減」が、転入などの「社会増」を上回るかたちで人口減少への転換が想定されている。

 年齢層別にみると、年少人口(0歳〜14歳)は30年の約20・2万人、生産年齢人口(15歳〜64歳)は25年の約102・8万人がピークと見込まれている。65歳以上の老年人口も今後増加を続け、老年人口割合が21%に達する20年に「超高齢社会」が到来すると推測されている。

 また、区別の推計では、多摩区が最も早くピークを迎え、20年に約21・7万人、中原区が最も遅いピークで40年に約29・6万人となる想定。市の担当者は「多摩区ではマンション開発が少ないため、人口の増加があまり見込まれていない。これに対し、中原区では大規模住宅の開発が進んでいるため、今後若い世代の流入や出生数の増加が見込まれるのでは」と分析する。

麻生区は高齢化顕著

 麻生区では、30年にピークを迎え、約18・3万人となる推計。中でも老年人口割合は「超高齢社会」が到来すると想定される20年に、全市割合21%を上回る24・6%と見込まれている。市内で最も高い数値で、高齢化が顕著だ。

 市は今回の推計結果を踏まえ、来年3月予定の市総合計画第2期の策定に向け、検討を進めていく。

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

若手農家 市民と意見交換

かわさき農業サミット

若手農家 市民と意見交換

10月13日号

新定義導入で 増加へ

川崎市待機児童

新定義導入で 増加へ

10月6日号

「新ゆり―溝口」に新路線

市バス

「新ゆり―溝口」に新路線

10月6日号

全8団で定員割れ

川崎市内消防団

全8団で定員割れ

9月29日号

住宅地で2年連続下落

基準地価麻生区

住宅地で2年連続下落

9月29日号

初出場で関東大会へ

桐光中合唱部

初出場で関東大会へ

9月22日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク