麻生区版 掲載号:2017年6月16日号

川崎市将来人口推計

想定上回り増加加速 社会

2030年ピーク 158万人超

区別の川崎市将来人口推計(5月25日発表)
区別の川崎市将来人口推計(5月25日発表)
 川崎市は先月25日、将来人口推計を発表した。2014年8月に公表した前回の推計結果を上回るペースで増加が見込まれている。中原区などで相次ぐマンション開発や、主要駅周辺を中心とした拠点開発、周辺地域への波及などが要因とみられる。

 前回の推計結果では、2030年をピークに約152・2万人となる想定だったが、一昨年の国勢調査結果で前回推計を上回るペースで人口増加が続いていることが明らかになり、また今年4月にすでに150万人を超えたことから、市は総合計画第2期実施計画の策定などに向け、改めて人口推計を行った。結果、ピークは前回同様30年だったが、人口ピーク値は前回を上回る約158・7万人となった。ピーク後は、死亡数から出生数を減じた数「自然減」が、転入などの「社会増」を上回るかたちで人口減少への転換が想定されている。

 年齢層別にみると、年少人口(0歳〜14歳)は30年の約20・2万人、生産年齢人口(15歳〜64歳)は25年の約102・8万人がピークと見込まれている。65歳以上の老年人口も今後増加を続け、老年人口割合が21%に達する20年に「超高齢社会」が到来すると推測されている。

 また、区別の推計では、多摩区が最も早くピークを迎え、20年に約21・7万人、中原区が最も遅いピークで40年に約29・6万人となる想定。市の担当者は「多摩区ではマンション開発が少ないため、人口の増加があまり見込まれていない。これに対し、中原区では大規模住宅の開発が進んでいるため、今後若い世代の流入や出生数の増加が見込まれるのでは」と分析する。

麻生区は高齢化顕著

 麻生区では、30年にピークを迎え、約18・3万人となる推計。中でも老年人口割合は「超高齢社会」が到来すると想定される20年に、全市割合21%を上回る24・6%と見込まれている。市内で最も高い数値で、高齢化が顕著だ。

 市は今回の推計結果を踏まえ、来年3月予定の市総合計画第2期の策定に向け、検討を進めていく。

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

ヘイト歯止めへ指針案

川崎市

ヘイト歯止めへ指針案

6月23日号

障害者スポーツ新拠点設立

市内NPO

障害者スポーツ新拠点設立

6月23日号

増改築で3万5千人収容へ

等々力陸上競技場

増改築で3万5千人収容へ

6月16日号

野外フェスで魅力発信

東扇島東公園

野外フェスで魅力発信

6月9日号

「寿」重なり初の二人展

高石在住笠原秋水・逍汀夫妻

「寿」重なり初の二人展

6月9日号

担い手不足の課題を議論

区民会議市民活動部会

担い手不足の課題を議論

6月2日号

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新電力企業を知る催し

新電力企業を知る催し

麻生区役所で7月1日

7月1日~7月1日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第104回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 後編

    6月23日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第103回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 前編

    6月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/