麻生区版 掲載号:2017年7月7日号

子ども食堂 民間力で開設へ 社会

百合丘の飲食店で試行

食事を提供する「漁魚の海」の渡部豊さん
食事を提供する「漁魚の海」の渡部豊さん
 百合丘の飲食店を拠点に、民間力を活用した子ども食堂が7月末から試行的にスタートする。一人で食事をする子どものサポートに加え、子育てを行っている保護者のゆとり確保もテーマに組み込んだ取り組みを進める。

 「(仮称)百合ヶ丘子ども食堂」は、福祉に関わる地域活動を行っているNPO法人アイゼンの事業の一環として、地元の飲食店や法人、団体と共同で計画が進められている取り組み。

 地域ボランティアや団体が、児童の食生活改善などを目的に安価な食事や居場所そのものを提供する「子ども食堂」は全国的に広がりを見せており、川崎市内でも同様の取り組みが各地で行われている。

 アイゼンの俵隆典理事は「麻生区でも一人で食事する子どもは多いと聞く。学校給食と少し違った環境でご飯を食べる場所が地域にあったら、児童の健全育成にも役立つのでは」と話す。今回はアイゼンの呼びかけにより、百合ヶ丘駅近くの鮮魚料理店「漁魚の海」が料理と場所を提供。百合丘ルミナス保育園や学習塾の麻生プレップスクールが地域への周知といった支援を行うなど、公的な補助金などを得ずに運営を始める。

働く保護者のゆとりも提供

 また、今回の子ども食堂開設は、保護者の支援も狙いの一つ。「仕事に追われる保護者の方が、地域に甘える日がたまにはあっても良いと思う。子どもと大人をサポートして、それが暮らしやすい地域作りになっていけば」と俵理事。

 初回は7月31日(月)午前11時30分から午後1時30分を予定しており、その後は夏休み期間中の8月7日(月)、21日(月)にも実施。費用は子ども100円、大人250円。子どもが来たことが分かるよう、利用名簿の記入を行うほか、食券の事前販売、米2合持参で食事1食分を提供するなど独自の取り組みも検討中だ。

 試行後はアンケートを行い、毎週決まった曜日に夕食を提供する機会を設けたいとしている。百合ヶ丘子ども食堂への問合せはNPO法人アイゼン(【電話】044・819・6919)へ。

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「鳥人間」目指す青春映画

イオンシネマ新百合ヶ丘

「鳥人間」目指す青春映画

8月24日に試写会

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第105回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(3)〜検地(お縄内水帳) 前編

    7月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/