麻生区版 掲載号:2017年7月14日号

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

第105回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(3)〜検地(お縄内水帳) 前編

 関東に領地を得た徳川家康は直ちに領内の検地を始めます。検地とは今でいう国土調査で、通常検地の方法は、1間が6尺1寸〜5寸(年代によって異なる)とする検地竿を使い、縄を用いて地面を測量するもので、田・畑はその生産高によって、上・中・下田(畑)の等級がつけられ年貢高の基準になり、屋敷、湖沼も測量されますが、山地は対象外であったようです。この測量台帳を「検地帳」とか「お縄打水帳」とか呼びますが、岡上の梶家には川崎市内で最も古い、天正十九年十月九日〜十四日(1591)の検地帳が保存されています。

 川崎市史によるとこの岡上村の検地は、代官伊奈忠治(領主ではない)と配下役人2名、それに村内の有力農民森彦三を筆取り(記帳責任者)に実施したもので、「武州都筑郡小机之内岡上村御縄打水帳」と記されたものが6帳、その他に「屋敷御縄打水帳」が1帳、合計7帳で、村の耕地面積は、田15町6反5畝23歩、畑21町3反2畝26歩、屋敷7反7畝19歩とあり、合計37町7反6畝8歩とされています。

 当時、このお縄打水帳には番地はありません。せき下・河内・藤乃木・窪田など30余の小字が付されて、一筆ごと、地積、田畑の等級、耕作者名が記され、さらに耕作者名には「主作」「大すミ作」が付された56名(戸数ではない)の記載があります。これは分付主(地主)が所有地を自作地としているか、分付地(貸地、小作地とは違う)としているかをあらわしたものです。分付主が分付地にしている割合を見ると、田畑の合計365筆中、157筆が分付地、面積で調べると、分付主15名で田畑の約40%に当る15町3反歩余を分付地としています。県史によるとこの最高所有者は「織部」と称する者ですが、岡上の住民ではなかったようです。また、屋敷の所有は又兵衛(280坪)、左京亮、又右衛門など13名の名前がありますが、彼らが岡上村内の土豪百姓と思われます。

 【次回後編へ続く】

 参考資料:「新編武蔵風土記稿」「川崎市史」「江戸近郊農村と地方巧者(村上直)」

 文:小島一也(遺稿)

関連記事powered by weblio


新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版のコラム最新6件

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

9月8日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

8月4日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

6月23日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

6月16日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

6月9日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

5月12日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地産地消学ぶ料理教室

地産地消学ぶ料理教室

親子企画として10月実施

10月21日~10月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第108回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(4)〜領主と農民 後編

    9月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/