麻生区版 掲載号:2017年7月14日号

和太鼓集団が恒例演奏会 文化

川崎区で7月16日

観客を魅了する演奏で毎年人気
観客を魅了する演奏で毎年人気
 力強い演奏と壮大なスケールの表現で聴衆を魅了する和太鼓集団「梨の木太鼓」の第14回演奏会が7月16日(日)、川崎区の市教育文化会館で午後6時から開かれる。入場無料。

 梨の木太鼓は、助六太鼓創設者の一人、藤舎清成氏に和太鼓を師事した川崎区在勤の国分徳典氏を中心に03年結成。和太鼓奏者8人と笛方2人で構成される「梨の木」、社会人と主婦で編成した「八州・撫子」、若手奏者の「若杉」、中高校生による「白扇」の4チームに分かれ「日本には日本のよさがある」をテーマに、毎年川崎区で演奏会を開催している。

 今年は夜明けを祝う祭りを曲にした『黎明』や子どもを育てる女性の力と愛を表現した『天真』、天空に浮かぶ雲をテーマにした『雲海』の新曲3曲をはじめ、計16曲を2部構成で披露する。

 国分さんは、来年新館オープンを控えた川崎市教育文化会館大ホールでの演奏が今回で最後になることから「これまでの感謝の思いを込めてメンバー一同精一杯喜んでいただける演奏をしたい」と述べ「和太鼓の奏でる音を全身で感じ取っていただき、日本の良さについて考えるきっかけになれば」と来場を呼びかける。

 問い合わせは、同団体ホームページ(【URL】http://www.nashinokidaiko.com/)か、Sound Studio八泉(【電話】044・221・8856)。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「鳥人間」目指す青春映画

イオンシネマ新百合ヶ丘

「鳥人間」目指す青春映画

8月24日に試写会

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第105回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(3)〜検地(お縄内水帳) 前編

    7月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/