麻生区版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

区が誇る芝生公園を守れ有志ボランティアを切望

文化

新ゆりの玄関口に美しい芝生が広がる
新ゆりの玄関口に美しい芝生が広がる

活動10年人材不足の危機

 昭和音楽大学に隣接し角地にある芝生公園「新ゆりアートパークス」を、2007年の開設以来、保全し続ける市民ボランティア「新ゆりアートパークス管理運営協議会」―。今月、活動10年の節目を迎えた同団体が、メンバーの高齢化などにより人材不足の危機に直面している。

 昭和音大の区内移転と同時に開設された同公園を「日本一の芝生公園にしたい」と07年、現在でも会長を務める森一郎さんが立ち上がった。周辺町会や近隣住民に協力を求め、ボランティア団体を発足。17人ほどのメンバーが集まった。「当初は、水はけも悪く、悪戦苦闘した。毎日のように朝から晩まで雑草取りをしていた」と森会長は語る。芝生の管理は、雑草をすべて手作業で根っこから取るなどの地道な作業。他にも清掃や散水など続けてきた保全活動は多岐に渡る。その成果が実り12年に「みどりの愛護功労者国土交通大臣表彰」を受彰。現在では、美しい芝生が広がる公園を利用する団体も増え、区内の保育園も利用し、子どもたちが裸足で芝生の感触を楽しみながら走り回れる貴重な場所となっている。森会長も「麻生が誇る随一の芝生公園」と自負する。

 しかし、高齢化などにより現在、協議会メンバーは5人程度に。森会長は「美しい芝生を維持していくのが困難な状況になりつつある。ぜひ協力を」と危機感を募らせる。活動は毎週土曜日午前9時30分〜11時30分。問合せは森会長(【電話】044・955・8778)。

活動開始当初は土の部分が見える状態だった
活動開始当初は土の部分が見える状態だった

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク