麻生区版 掲載号:2017年7月14日号

藤子ミュージアム

コロコロ原画180点 文化

40周年で初コラボ

40年分の同誌と和田編集長
40年分の同誌と和田編集長
 『ドラえもん』が読める雑誌として1977年にスタートした『コロコロコミック』(小学館)が今年、創刊40周年を迎えた。これを記念し、川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区長尾)で開館以来初となるコラボレーション企画展が8日から行われている。

 多摩区生田に長年暮らした『ドラえもん』の原作者、藤子・F・不二雄さんの作品世界を未来に伝えようと6年前にオープンした同館。今回の企画展では、「大長編ドラえもん」シリーズ全17作品を中心に『コロコロコミック』に掲載された人気作の原画約180点を一堂に展示。当時の担当編集者らのエピソードを交え、40年の歴史が分かる構成となっている。また、表紙用にマジックで描かれたドラえもんの原画約40点も公開している。

 7日には内覧会が行われた。あいさつした『コロコロコミック』の和田誠編集長は「創刊時の熱気や大長編の変遷がよく分かる展示。ドラえもんのブームがあったからこそ今のコロコロが回り続けている」とコメント。

 企画展は来年1月15日までを予定。問合せは同館(【電話】0570・055・245)へ。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「鳥人間」目指す青春映画

イオンシネマ新百合ヶ丘

「鳥人間」目指す青春映画

8月24日に試写会

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第105回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(3)〜検地(お縄内水帳) 前編

    7月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/