麻生区版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

都市と緑の暮らしを両立新たなまちの形成が進行中野村不動産が市境で行政、地域とまちづくり

統一感を出しながらも外観や間取りは全戸異なっている
統一感を出しながらも外観や間取りは全戸異なっている
 麻生区と稲城市の境で現在、新たな街区の造成が進められている。

 都心へのアクセスや駅至近で考えると近隣では最大規模となる「プラウドシーズン栗平」は、野村不動産が行政や地域と連携して街づくりを行っている注目のエリア。既に約100棟の入居があり、今後は稲城市の小田良地区や南山地区にもエリアを拡大、段階的に街区を造成し、十年規模で約1200棟以上という規模の大きな街づくりが進められている。

暮らしと共に成長する街

 生活道路の充実で小田急線栗平駅方面へのアクセスが向上し、若葉台に通じるトンネルの工事も進行中、またエリア内でのレストランやショッピング施設計画など、街の成長が具体的に見えてきたことにより以前に比べ同エリアへの問い合わせも増えているという。

 将来への期待に加え、この地域は家族構成や世代が近い世帯が多く、またこのエリアだけの自治会が新たに作られるなど、適度な関係性が保たれているのも魅力の一つとなっている。

 同社では「ここで新しく暮らす方々と共に、継続的に街を創り上げていくことで、あらゆる世代が将来に渡って自由に暮らしていくことが出来る場所作りを目指しています」と語る。

7月15〜17日に現地相談会開催

 プラウドシーズン栗平では7月15日(土)から17日(祝)に現地相談会を開催。新たに完成する住宅やこれから成長していく街のことなどをスタッフに直接聞くことが出来る。また期間中はプラウドシーズンサマーキャンペーンも開催し、来場者特典も用意されているので、この機会に注目エリアでの暮らしを検討してみては。

 (問)新百合ヶ丘プラウドシーズンサロン【フリーダイヤル】0120・082・250

野村不動産株式会社 プラウドシーズン栗平

麻生区万福寺1-11-17【新百合ヶ丘プラウドシーズンサロン】

TEL:0120-082-250

https://www.proud-web.jp/house/kurihira/

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク